イチ流に触れてBACK NUMBER

イチロー、来季現役復帰への自信。
「それは言うまでもないです」

posted2018/10/08 17:00

 
イチロー、来季現役復帰への自信。「それは言うまでもないです」<Number Web> photograph by Kyodo News

最終戦でレンジャーズに勝利し、喜びの表情を見せるイチロー会長付き特別補佐。来季、選手としての再契約はあるか?

text by

笹田幸嗣

笹田幸嗣Koji Sasada

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 9月30日、今季最終戦。本拠地シアトルでレンジャーズを下した瞬間、イチロー会長付き特別補佐は颯爽とベンチから飛び出した。

 クリーム色のホーム用ユニフォームに身を包んだ背番号51の姿は今季の現役を退いた5月3日となんら変わらない。勝利の儀式でナインを出迎える前に左足でプレート板を踏み左投手が投げる所作を真似した。すると今度は左手を高く上げ、主審にボール交換を要求するポーズをとった。

 その隣で苦笑しているのは元西武、今季34歳にして先発で9勝を挙げブレイクした左腕ウェイド・ルブランクだった。

 昨今のメジャーらしい裏話に少しお付き合いいただきたい。

 最近のイチローのお気に入りのひとつが、この“ルブランクいじり”だった。マリナーズとアストロズが首位攻防を繰り広げていた頃、ルブランクが敵地ミニッツメイド・パークで先発すると彼はしきりにボール交換を要求した。

44歳の今もお茶目さを忘れない。

 メジャーの使用球は滑りやすい革質を補うため、砂を塗り込んでから試合で使用される。だがアストロズの本拠地では、自軍の攻撃中には砂を塗り込んでいない真っ白なボールが使用されることが多い。ただでさえ滑りやすいのがメジャー公式球。それを自軍の攻撃中はより滑りやすい状態で、敵軍の投手にボールは渡される。

 数球団の投手から同じ話を聞いたので間違いないと思うが、昨季の世界一、今季も圧倒的な強さで地区優勝したアストロズの強力打線の裏側には、グリップ力を失った状態で投げている相手投手の苦労もあったということだ。

 ルブランクは繰り返し渡される真っ白な球の交換を要求し続けた。その姿を笑いながら、勝利の儀式の際に真似ているのがイチロー。お茶目な44歳らしい話である。

【次ページ】 毎日クタクタで帰る目標を完遂。

1 2 3 NEXT
イチロー
シアトル・マリナーズ

MLBの前後のコラム

ページトップ