セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

ローマ新スタジアム建築計画で汚職。
2000年超の魔都ゆえの厄介さとは。 

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/10/03 11:00

ローマ新スタジアム建築計画で汚職。2000年超の魔都ゆえの厄介さとは。<Number Web> photograph by AFLO

ローマにとって長年の聖地オリンピコ。本拠地移転が果たされるはずだったが、今季もまた使用されている。

「完成は早くて10年後だろう」

 永遠の都に自分たちの巨大スタジアムを作る。

 今から6年前、地元の建設会社社長とボストンから来た富豪の夢が一致した。

 進捗の鈍さに業を煮やした若い社長は袖の下を使って、手錠をかけられた。

 だが、イタリアの裁判ではありがちなのだが、仮に主犯とされるパルナージとランザローネの両容疑者に実質無罪の判決が出たら、この疑惑は誰も得をせず、スタジアム建設に致命的な遅れを与えただけ、ということになる。パルナージ社長は本当に悪人なのか、と考えずにはいられない。

 南イタリアで刑事裁判官をしているユベンティーノの友人に意見を求めてみたら、「ローマのスタジアム? どんなに上手くいっても、完成するのは早くて10年後だろうな」という乾いた答えが返ってきた。

 ASローマは、市当局へ「提出済みの建設計画の実効性は失なわれていないはず。年末12月30日までに正式許可を出して欲しい」と請求したという。堪忍袋の緒が切れかけているパロッタ会長は、その日を待って何らかのアクションを起こすだろう。

「新スタジアムを死ぬまでに拝みたいもんだ」

 ロマニスタたちの嘆きはあながち冗談に聞こえない。仕事前にコーヒーを飲むくらいの遅れは何てことないように思えてくる。

欧州蹴球名鑑 2018-2019

Sports Graphic Number PLUS October 2018 EURO

欧州蹴球名鑑 2018-2019

 

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5 6

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

フランチェスコ・トッティ
ローマ
ナポリ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ