プロ野球PRESSBACK NUMBER

「あーっ、ムカつく!」から7年。
西武・秋山翔吾はリーダーになった。 

text by

市川忍

市川忍Shinobu Ichikawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/10/01 11:45

「あーっ、ムカつく!」から7年。西武・秋山翔吾はリーダーになった。<Number Web> photograph by Kyodo News

9月30日に10年ぶり22度目の優勝が決定。祝勝会では笑顔でビールを浴びせられた。

1番打者としての矜持を示す。

 秋山は今シーズン、8月には思うような打撃成績が残せず、何度も反省の言葉を口にしていた。特に気にかけていたのがチームに与える影響だ。

「1番打者としてもっとボールを見て、あとに続くバッターにいろいろなことを伝えなければいけないのに、それもできていなかった。特に源田には申し訳ないなと思う打席がたくさんあります」

 秋山は自分を責めたが、源田は言う。

「いや、秋山さんの存在はめちゃめちゃデカかったですよ。秋山さんは自分に厳しいからそう言うのかもしれませんけど、僕にとっては助かる場面がたくさんありました。

 たとえば打席でのボールの待ち方も話してくれますし、何よりネクスト(バッターズサークル)で秋山さんの打席を見ていて、あとに続く打者が勇気を持てることがたくさんありました。秋山さんがガツンと打ってくれて、よし自分もと思うことは多かった。みんなそれは感じていると思います」

「気にかけて、見てくれている人だから」

 秋山が中心となって投手の球筋や傾向、どう攻略していくかなどをベンチで話し合うのもライオンズでは恒例となった。

 源田は続ける。

「今までの野球人生で、あそこまで野球やチームのことを考えている人には会ったことがありません。

 僕の打席についても、すごくよく見ていてくれて、たとえばちょっと打ち方やボールの見方を変えたりすると、すぐに気づいて『変えたんだね』とか『ああいうの珍しいね、どうしたの?』と言葉をかけてくれるんです。それだけ僕のことを気にかけて、見てくれている人だから、秋山さんの言葉やアドバイスはすっと心に入ってくる。とても信頼しています」

【次ページ】 誰もが野球を語れる環境を作ってきた。

BACK 1 2 3 NEXT
秋山翔吾
源田壮亮
山川穂高
浅村栄斗
埼玉西武ライオンズ

プロ野球の前後のコラム

ページトップ