プレミアリーグの時間BACK NUMBER

W杯で燃えたイングランドに秋風。
スペイン、スイス戦の厳しい現実。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byUniphoto press

posted2018/09/16 11:00

W杯で燃えたイングランドに秋風。スペイン、スイス戦の厳しい現実。<Number Web> photograph by Uniphoto press

W杯得点王のケインだったが、ネーションズリーグ初戦のスペイン相手に苦戦した。

クラブ以上に育成を意識する。

 サウスゲートは、2部からの招集も意に介さない。イングランドのファンは、今夏にレパートリーに加わった「サウスゲート、お前こそが俺たちをその気にさせる!」というチャントを、W杯後も口ずさんでいる。監督への信頼は揺らいでいない。

 サウスゲートはクラブの監督以上に育成を意識している。分け隔てなく選手を選び、攻撃的なスタイルを確立しようとしている。決して不平を口にせず、意欲を持って指揮する監督が、近年サウスゲート以外にいただろうか。

 軽いブームを起こしたベスト姿ではなく、指揮官がジャケット姿でベンチ前に立った初秋の2試合をもって、イングランドは厳しい現実との戦いを開始した。

 冒頭のフレーズがサビにある、『スリー・ライオンズ』に代わるW杯後の代表テーマ曲を独断と偏見で選べば、ハードロック界の大御所AC/DCの70年代の名曲『イッツ・ア・ロング・ウェイ・トゥ・ザ・トップ』になるだろうか?

 明るいロック調の曲と同じく「タフで長い道のり」が予想されるが、イングランドは力強く前だけを向いて2022年W杯で目指す世界の頂点へ進み続けるしかない。

欧州蹴球名鑑 2018-2019

Sports Graphic Number PLUS October 2018 EURO

欧州蹴球名鑑 2018-2019

 

関連記事

BACK 1 2 3 4
ハリー・ケイン
マーカス・ラッシュフォード

海外サッカーの前後の記事

ページトップ