SCORE CARDBACK NUMBER

目標はCL出場圏内の4位。スマート補強のベティスに期待。~ファンは乾貴士にW杯でのファインゴール再現を期待~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byDaisuke Nakashima

posted2018/09/15 08:00

目標はCL出場圏内の4位。スマート補強のベティスに期待。~ファンは乾貴士にW杯でのファインゴール再現を期待~<Number Web> photograph by Daisuke Nakashima

第3節セビージャとのセビリア・ダービーでは1-0の勝利。乾(中央右)はフル出場して、チームメイトと歓喜のダンス。

 今季のスペインの移籍市場で最もスマートな補強をしたと評価されるのが、乾貴士が所属するベティスだ。

 2強やバレンシア、アトレティコのように1選手に高額を投じるのではなく、複数の実績のある選手を獲り、着実にチーム力を引き上げている。乾に始まり、レアル・ソシエダからはセルヒオ・カナーレス、スポルティングからはウィリアム・カルバーリョを、最終日にはPSGからジョバニ・ロセルソらを補強し、特に中盤は質、量ともに大きくレベルアップした。

 上層部と現場の一体感も感じる。移籍市場が閉鎖される数日前に練習場を訪れると、キケ・セティエン監督と補強面の実権を握るセラ・フェレール副会長がチーム状況についてピッチの上で真剣に話し合っていた。時折笑顔を見せる両者の関係は良好で、フェレールは攻撃的なスタイルを貫くセティエン好みの選手に特化し補強を進めた。集ったのは後方から繋いで攻めていくという、指揮官の考えに合致する技術の高い選手たちだ。リーグ序盤はやや躓いたが、戦力的には十分上を狙えるため、ファンの間ではCL出場圏内を狙うべきという強気な意見もある。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ベティス
乾貴士

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ