球道雑記BACK NUMBER

2000安打間近のロッテ福浦和也。
16年目・金澤岳に伝わる“イズム”。 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/09/14 08:00

2000安打間近のロッテ福浦和也。16年目・金澤岳に伝わる“イズム”。<Number Web> photograph by Kyodo News

3年半ぶりの本塁打で2000本安打まであと4とした福浦和也。ロッテナインの喜びようがその人格者ぶりを物語る。

1日でも早く復帰したいから。

 数日後、ロッテ浦和球場で彼を見かけると、いつものように人一倍の元気を張り上げて、気持ちの良い挨拶を交わす金澤の姿があった。病院には毎日のように通い、怪我の回復も予定より早かったようだ。

 金澤はこう振り返る。

「怪我のことはもうしょうがないですよね。しょうがないと自分でも思うしかなかったです。もちろんすぐには割り切れなかったし、めちゃくちゃ悔しかったですよ。(井口)監督からもせっかくオープン戦の最後にチャンスをもらったのに、そこで怪我をしてしまったわけですから……それは本当に悔しかったです。

 でもね、そこで落ち込んだり、腐ってしまっても何も始まらないし、得るものなんて何もないわけじゃないですか。ちょっとは落ち込んだりもしましたけど、すぐに気持ちを切り替えて、前向きに治療に専念しましたよ。『1日でも早く野球に復帰したい』。ただ、そのことだけを考えて。僕にはもうそれしかなかったですから」

「なんて強い人なんだろう」

 このとき心底、彼を尊敬する気持ちになるとともに、彼が16年間、プロ野球選手を続けて来た理由の一端が分かる気がした。

関連記事

BACK 1 2 3
福浦和也
千葉ロッテマリーンズ
金澤岳

プロ野球の前後の記事

ページトップ