福西崇史の「考えるサッカー」BACK NUMBER

福西崇史が森保Jの初戦に好感触。
堂安、中島、南野に「おおっ!」。 

text by

福西崇史

福西崇史Takashi Fukunishi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/09/12 17:30

福西崇史が森保Jの初戦に好感触。堂安、中島、南野に「おおっ!」。<Number Web> photograph by AFLO

南野拓実や中島翔哉、そして堂安律が見せたプレーは、森保ジャパンの競争活性化を感じさせる。

ビルドアップの部分はこれから。

 最後に、今後調整してほしい部分を挙げるとすれば……最終ラインからのビルドアップです。森保監督がサンフレッチェを率いた時、丁寧なビルドアップで組み立てて、スムーズに攻撃へと移っていくスタイルを熟成させました。

 ただコスタリカ戦では、相手の前線からの守備でちょっと慌てる場面もありました。その辺りは青山をはじめ、ボランチに入る選手がどれだけ全体をコントロールできるかが大事になってくる。

 その辺りの完成度を高めていくことで、後半に見せた戦いぶりやリズムを90分間通じて見せられるようになるはず。10月、11月の連戦とアジアカップに向けて、さらなる成長が楽しみになったことは間違いないですね。

(構成・茂野聡士)

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

福西崇史
堂安律
中島翔哉
南野拓実
森保一
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ