Number ExBACK NUMBER

三木谷浩史が語る「イニエスタ獲得は、
社会構造改革の一環だ」 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2018/09/03 07:00

三木谷浩史が語る「イニエスタ獲得は、社会構造改革の一環だ」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

世界を飛び回る三木谷氏。この日も海外からの帰国翌日のインタビューとなった。

「クラブW杯でバルセロナに勝つ!」

「サッカーとか野球とか、スポーツがまず先んじて世界レベルに達していくと、日本に対する注目度や考え方も変わるんじゃないかなと思っています。

 僕は日本の文化や日本人は素晴らしいと思いますが、日本人だけで固まってやっていこうというのは、もう無理だと思う。

 楽天の英語公用語化であったり国際進出であったり、たまに無謀なこともやりますけど、イニエスタ獲得のようなスポーツにおけるチャレンジも、社会構造改革の一環になるのではないかと考えています」

――現在、ヴィッセル神戸と描いている夢はどのようなものでしょう?

「いつかクラブワールドカップでバルセロナと対決することですね。そして勝つ。そこまで言い切りましょう(笑)。

 イニエスタに聞いたんですよ。クラブワールドカップに出て、うちがバルサと対戦したら試合に出るのかと。彼は当然出る、当たり前だろう、そして勝つに決まってる、勝つんだ、と言っていました」

発売中のNumber「イニエスタ来た!」特集号(960号)では、この三木谷氏のインタビューの完全版を6ページにわたって掲載。イニエスタ選手とのプロジェクトの全容、野球やNBA、テニスなどサッカー以外のスポーツに関する海外戦略の意図まで、大いに語ってもらっています。イニエスタ選手の移籍後初の独占インタビューを巻頭に掲載しているこの960号、ぜひお読みください。
イニエスタ来た!楽天の野望を追え

関連記事

BACK 1 2 3
アンドレス・イニエスタ
三木谷浩史
ヴィッセル神戸
バルセロナ

Jリーグの前後の記事

ページトップ