沸騰! 日本サラブ列島BACK NUMBER

ルメールが1000万下でガッツポーズ。
WASJは騎手にとって重要な大会だ。 

text by

島田明宏

島田明宏Akihiro Shimada

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2018/08/27 13:00

ルメールが1000万下でガッツポーズ。WASJは騎手にとって重要な大会だ。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

競馬において、騎手が明確に主役になる日は少ない。それだけにルメールも喜びを爆発させたのかもしれない。

来年はモレイラもJRA代表に?

 2位は59点の武。

「微妙な感じですね。期待して4戦目に臨んだのですが、ゴールしたらルメールがガッツポーズをしていたのでダメだと思いました。でも、楽しかったです。ポイント稼ぎは家で慣れていますし(笑)。来年も出たいですね」

 3位は40点のデムーロと、JRA選抜が表彰台を独占。団体戦でも265点を獲得し、188点だったWAS選抜を下し、4年連続で勝利を飾った。

 女性としてニュージーランドで3人目のリーディングジョッキーとなったサマンサ・コレット、ホッカイドウ競馬で3度リーディングを獲り予選の「地方競馬ジョッキーズチャンピオンシップ」を勝ち抜いた桑村真明といった注目株が、もうちょっと抽選で騎乗馬に恵まれていれば、また違った盛り上がりが見られただろう。

 JRA選抜は、武豊、クリストフ・ルメール、ミルコ・デムーロ、内田博幸、戸崎圭太の5人が、3年連続チームメイトとして戦った。ここに来年、ジョアン・モレイラが加わるかもしれないのだ。この超豪華メンバーがチームメイトとなって、世界の強豪を迎え撃つのかと思うとワクワクする。

 表彰式を締めくくるビールかけを見ると、夏競馬もフィナーレが近づいてきたことを実感する。

 また来年も、WASJを見るため、札幌に来たいと思う。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
武豊
クリストフ・ルメール
ジョアン・モレイラ

競馬の前後の記事

ページトップ