JリーグPRESSBACK NUMBER

OBが認める「読売クラブ」らしさ。
U-21渡辺皓太が見据える東京五輪。 

text by

海江田哲朗

海江田哲朗Tetsuro Kaieda

PROFILE

photograph byJ.LEAGUE

posted2018/08/24 11:00

OBが認める「読売クラブ」らしさ。U-21渡辺皓太が見据える東京五輪。<Number Web> photograph by J.LEAGUE

小柄ながら俊敏なプレーで相手を翻弄する。日本らしい中盤アタッカーとして渡辺皓太はどんな成長曲線を見せるか。

相手の思考を推し量ってプレー。

 与那城ジョージ。ミスター・ヨミウリと呼ばれた、クラブで語り継がれる英雄だ。現在は地域リーグのJ.FC MIYAZAKIの監督を務める。藤吉はその背中に憧れたひとりだった。

「予測能力が高く、相手の思考を推し量りながらプレーできるのが長所。いい意味で、サボりたいという気持ちが見えるんです。勝つためにめちゃくちゃ走るけれど、余計な動きはしたくない。だから、相手の先回りをしようとする。そういったずる賢さがあるのもいいですね。トップの環境に慣れてきて、今後、アイデアはもっと出せるでしょう。ぱっと閃いて、何をやってくるかわからないのが魅力です」

 渡辺は屈強な外国人選手にも当たり負けせず、まるでスーパーボールのような弾力に富む。「身体の小ささを不利と感じたことは一度もないです。競り合ったときに下から突き上げられたり、有利だと感じることのほうが多い」と言った。

切り返しに見るバランス感覚。

 その身体はどのような特性を持ち、肉体的なメカニズムが働いているのか。専門家の見解を求めた。

「柔らかい筋肉をしていますが、そこまで特別なものではないですね。秀でているのはアジリティやクイックネスの能力。現状、筋トレはほかの選手とほぼ同じメニューで、まだまだ伸びしろは見込めると思います」(能登篤史アスレティックトレーナー)

「単純なフィジカルの強さというより、全身を上手に使えるバランスの良さ、重心の安定感が特長。たとえば、切り返しのプレーにそれがよく表れています。サイズはないし、手足のリーチも短いけれど、深い切り返しができる」(植村健太チームドクター)

 今季、目覚ましい成長を遂げている渡辺はU-21日本代表に選出され、アジア大会で奮闘中だ。元々、早くから年代別代表に名を連ね、リオデジャネイロ五輪に臨むU-23日本代表にトレーニングパートナーとして帯同するなど、この世代のトップランナーのひとりである。

【次ページ】 常に消えることなく絡みたい。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

渡辺皓太
東京ヴェルディ
冨樫剛一
藤吉信次
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

Jリーグの前後のコラム

ページトップ