甲子園の風BACK NUMBER

甲子園で響き渡った慶應の応援歌。
『烈火』と野球部の10年物語。 

text by

神津伸子

神津伸子Nobuko Kozu

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/08/19 07:00

甲子園で響き渡った慶應の応援歌。『烈火』と野球部の10年物語。<Number Web> photograph by Kyodo News

1回戦では劇的なサヨナラ勝ちを見せた慶應。『烈火』も打線を後押しした。

わずか10日後に届いた曲に、自分たちで歌詞を。

 中谷から曲が届いたのは、依頼からわずか10日後。譜面のタイトルは『Inferno』と記されていた。希望通り雄々しいが、歌詞なしで歌うにはメロディが少し早かった。

 そこで小山は、自分たちが歌詞を作ろうという結論に至った。そして、わずか17歳の若者が、1つの応援歌を完成させた。タイトルも『烈火』の漢字2文字に変更した。

誇り高き 陸の王者
終わりなき 勝利の旅へ
我らの夢 球にのせて 飛ばせホームラン 
オー○○、オー○○、オー○○ 
カッセ○○
オー○○、ハイ!
おーりゃ 慶應、慶應、慶應、慶應、慶應 
(コール)
お前の野球を楽しめ○○
義塾の誇りを貫け○○
行け行け○○
カッセ○○
勝つぞ 勝つぞ 慶應

(〇〇には選手名が入る)

センバツには間に合わなかった。

 しかし、『烈火』が2008年春の甲子園で演奏されることはなかった。本番で披露するには時間がなさ過ぎたのだ。小山らは『若き血』などで必死の応援を送ったが、慶應は初戦敗退を喫した。

 2008年の慶應は、力道山の孫として話題になった田村圭と只野尚彦の左右のダブルエース、主将の山崎錬(現・JX-ENEOS)らが在籍していた。夏の北神奈川決勝では東海大相模に勝利して甲子園の切符を手にした。

 そして本大会では松商学園、高岡商業、青森山田に勝利してベスト8に進出。準々決勝で沖縄・浦添商業に敗れたものの、『烈火』もチームを後押しした。

【次ページ】 選手が口ずさむ様子も話題になった。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

森林貴彦
慶應義塾高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ