野ボール横丁BACK NUMBER

「最低の日」に仕事をする存在感が
報徳学園・小園海斗の非凡さだ。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2018/08/16 14:30

「最低の日」に仕事をする存在感が報徳学園・小園海斗の非凡さだ。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

小園海斗のスピードはダイヤモンドを小さく見せる。見ていてなんとも楽しい選手だ。

7キロ増やしてもスピードは増した?

「絶対に走ってチャンスを広げてやろうと思っていた」という小園は盗塁を決め、2アウト二塁。さらに次打者が安打で続き、一、三塁。三塁走者となった小園は、室田の暴投で、瞬く間に生還する。

 監督やコーチに「体が細いと上(の野球)では通用しない」と言われたという小園は、この冬、7キロの増量に成功した。それでもスピード感は失われていないどころか、さらに爆発力が増したような気さえする。

 小園の得点で同点に追いついた報徳学園は、この後、3四死球をからめるなどして3回だけで一挙に4点を上げ、主導権を握った。

 県大会における小園の打率は3割3分3厘だ。プロ注目打者の地方大会の打率としては少々、物足りない気もする。しかし、控えの森本龍治が「活躍した印象しかない」と話すのは、打つだけでなく、勝負所で必ず勝利に導く仕事をするからだ。

 報徳学園の地方大会におけるチーム打率は2割7分2厘で出場校中ワーストだ。それでもここまで勝ち進んでこられた理由の1つがわかった。

 4回から熱中症の症状が出始めたという小園は、高校では「記憶にない」という3三振を喫する。

「ボーっとして集中力がなくなってしまった」

 そんな「最低の日」でも、存在感を見せつけるところが小園の非凡さだ。

関連記事

BACK 1 2
報徳学園高校
小園海斗

高校野球の前後の記事

ページトップ