野ボール横丁BACK NUMBER

「最低の日」に仕事をする存在感が
報徳学園・小園海斗の非凡さだ。

posted2018/08/16 14:30

 
「最低の日」に仕事をする存在感が報徳学園・小園海斗の非凡さだ。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

小園海斗のスピードはダイヤモンドを小さく見せる。見ていてなんとも楽しい選手だ。

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 水の中に落ちた一滴のインクのように、小さなミスは一瞬の間に大きなチャンスに広がった。

 0-1と報徳学園が1点リードされて迎えた3回裏、2アウト走者なし。打席には、前の試合で3二塁打と大暴れした1番・小園海斗。マウンドには愛工大名電の先発、変則左腕の室田祥吾が上がっていた。

 小園は第1打席に続いて、追い込まれ、室田の低めのワンバウンドする変化球に手を出し、空振り。

 第1打席は捕手の粟田千宙が投球を体で止めたが、この打席は、後ろに逸らしてしまう。小園はもちろんそれを見逃さなかった。振り逃げで出塁し、2アウト一塁。

「僕が塁に出れば、得点になることが多いので」

 粟田は小園対策をこう明かす。

「高めの速い球を見せて、低めのボールになる変化球を振らせようと思っていた」

 低めとはいっても、普通の低めではない。室田が言う。

「最初からワンバウンドさせるつもりで投げました。ベースの前ですからね。キャッチャーは責められないです」

ノーサインで走るグリーンライト。

 2アウト一塁。守っているときでも攻撃しているときでも、小園がグラウンド上に立つと、ダイヤモンドが小さくなったかのような錯覚を受ける。それくらい動きがダイナミックで、しかも速いのだ。

 50メートル5秒8と超俊足の小園は「グリーンライト」だ。つまり塁に出たらノーサインでいつでも走っていい。東兵庫大会では1個しか盗塁を記録していないが、それは「長打が多かったから」だ。

 スパイクは試合専用の軽量型のものを愛用している。

【次ページ】 7キロ増やしてもスピードは増した?

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

報徳学園高校
小園海斗

高校野球の前後のコラム

ページトップ