格闘技PRESSBACK NUMBER

おかえりなさい、棚橋弘至――。
“G1史上最長の死闘”を徹底検証!

posted2018/08/16 19:00

 
おかえりなさい、棚橋弘至――。“G1史上最長の死闘”を徹底検証!<Number Web> photograph by Essei Hara

死闘を越えて掴んだG1王者の称号。最近燻り続けていた棚橋弘至が、久々に輝いた瞬間だ。

text by

行成薫

行成薫Kaoru Yukinari

PROFILE

photograph by

Essei Hara

 8.12日本武道館。G1 CLIMAX28・決勝戦、棚橋弘至vs.飯伏幸太。

 G1の最中、8月9日にプロレスを題材とする『ストロング・スタイル』という小説を上梓した縁もあって、今回、筆者はこの大一番のレビューを書かせていただく機会を得た。新日の試合は、1.4の東京ドーム以来、久しぶりの現地観戦である。

 メインイベント。会場のボルテージが一気に上がる。大入り札止め、約1万2000人の観客がまずどよめいたのは、各々が連れてきたセコンドの姿がモニターに映し出された瞬間だ。

 飯伏のセコンドには、前日に優勝決定戦を懸けて戦ったケニー・オメガ。

 そして、棚橋をリングに迎え入れたのは、急性硬膜下血腫により長期欠場を余儀なくされている柴田勝頼だ。

 2人のセコンドの存在が、この一戦が「特別な試合」であることを観客に知らしめる。

試合予想は「今日はたぶん飯伏」。

 試合開始のゴングが鳴る。グラウンドの攻防から始まる静かな立ち上がり。筆者の周囲からは、「棚橋に頑張ってほしいけど、今日はたぶん飯伏」という声が聞こえた。

 前日に行われた飯伏幸太とケニー・オメガによるBブロック最終戦は、傑出した身体能力を誇る2人の異次元の試合となった。完成されつつある、飯伏のレスラーとしての円熟味。まるで筋肉の鎧をまとったかのような体は、コンディションの良さを物語っていた。

 対する棚橋は、近年、相次ぐ故障で本来の力を出せていない。

 ケガがなくとも、年齢的な体力の衰え、長年エースとして激闘をこなしてきた中で蓄積したダメージもあるに違いない。Aブロックを7勝1敗1分という成績で突破した棚橋だが、数字ほど他を圧倒したわけではない。故障した右膝を責め立てられ、時にはプライドをかなぐり捨て、ダーティーな技や丸め込みで勝ち点をもぎ取った。勝った全試合が辛勝。勢い、コンディションという面では、明らかに棚橋に分が悪い。今日はたぶん飯伏。そう思ったファンは少なくなかっただろう。

【次ページ】 掌打を受け止めつつ前進した棚橋。

1 2 3 4 NEXT
棚橋弘至
飯伏幸太
ケニー・オメガ
柴田勝頼
新日本プロレス

プロレスの前後のコラム

ページトップ