SCORE CARDBACK NUMBER

最後まで病と闘い続けた、マサ斎藤の逞しい生き様。~一時は鬱状態だった彼を奮い立たせた東京五輪~ 

text by

堀江ガンツ

堀江ガンツGantz Horie

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2018/08/09 15:00

最後まで病と闘い続けた、マサ斎藤の逞しい生き様。~一時は鬱状態だった彼を奮い立たせた東京五輪~<Number Web> photograph by Essei Hara

巌流島の戦いは「観客に媚びない」との理由で無観客試合だった。結果は猪木のTKO勝利。マサは担架で運ばれた。

 長年、パーキンソン病と戦っていたマサ斎藤さんが7月14日未明に亡くなった。享年75。筆者が『プロレス総選挙2018』 (NumberPLUS)でマサさんを取材したのは、亡くなるわずか3週間前。必死にリハビリする姿がまだ目に焼きついているだけに、信じられない気持ちでいっぱいだ。

 思えばマサさんこそ、プロレスラーの中のプロレスラーだった。'64年の東京五輪にレスリング日本代表として出場し、翌年プロに転向。'67年に渡米後は、本場アメリカマットを一匹狼として渡り歩き、長年トップヒールとして活躍した。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

マサ斎藤

プロレスの前後のコラム

ページトップ