野ボール横丁BACK NUMBER

二松学舎の1年生山田将義は図太い。
「1人だけ違う方向を向くのが捕手」

posted2018/08/12 14:00

 
二松学舎の1年生山田将義は図太い。「1人だけ違う方向を向くのが捕手」<Number Web> photograph by Kyodo News

二松学舎の1年生捕手・山田将義は、3年生にも対戦相手にも物怖じしないのだ。

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 黒目勝ちな目と濃い眉に、意志の強さを感じさせる。二松学舎の正捕手、山田将義は、とても1年生には見えないほど堂々とプレーしていた。

 1回表、広島大会で6盗塁をマークしていた広陵の2番・吉岡広貴の二盗を正確な送球で阻止。地方大会で出場校中最多となる24盗塁をマークしていた広陵に「足」を使いにくくさせ、5-2と勝利につなげた。市原勝人監督が振り返る。

「最初の盗塁を刺せるか刺せないかは重要。本当によく刺してくれましたね」
捕球してから投げるまでのスピードは1.9秒。トップクラスだ。二塁への送球時、気を付けていることを聞くと、こう即答した。

「ないですね、特に」

――もともとできた?

「はい」

「1人だけ違う方向を向くのが楽しい」

 山田は小1で野球を始めたときから、キャッチャーひと筋だという。

「自分でやりたいと言いました。1人だけ違う方向を向いて野球をするのが楽しいんですよね」

 中学時代から注目されていた捕手だが、高校でレギュラーに定着したのは、東東京大会直前だった。市原監督が話す。

「最初から試合では使っていたんですけど、5月、6月は、ちょっと落ちた。夏は無理かなと思っていたら、そこからぐーっと上げてきて。そこで持ち直すということは、やっぱり力があるということなんですよ」

 東東京大会の初戦、山田は先発出場を勝ち取る。公式のデビュー戦で2安打をマークし、そこからは全試合で先発マスクをかぶった。

 レギュラー争いに敗れ、控え捕手に回っている2年生の石崎創大は、こう感嘆する。

「1年生なのにどっしりしているというか、落ち着いている。打撃も長打力とかは僕の方があるとは思いますが、勝負強いんです」

【次ページ】 3年生に「けっこう、いい感じですよ」。

1 2 NEXT
二松学舎大附属高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ