新刊ドラフト会議BACK NUMBER

『敗れても敗れても 東大野球部「百年」の奮戦』負け続けてきた男たち、東大野球部の挑戦の歴史。 

text by

オグマナオト

オグマナオトNaoto Oguma

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2018/08/12 07:00

『敗れても敗れても 東大野球部「百年」の奮戦』負け続けてきた男たち、東大野球部の挑戦の歴史。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『敗れても敗れても 東大野球部「百年」の奮戦』門田隆将著 中央公論新社 1600円+税

 100回目の夏。今年も日本各地で“甲子園の夢”叶わず、敗者たちの物語が生まれた。甲子園に出られたとて、最後に笑えるのは1校のみ。結局のところ、高校野球とは、負けて終わる物語。その切なさが、100年以上に渡って愛されてきた所以のひとつでもあるはずだ。

“1敗”で涙に暮れる球児たち。ならば、負け続ける男たちはどんな思いで野球に打ち込むのか? 日本球界でもっとも負け続けてきた集団、東京大学野球部。本書はその東大野球史を辿り、野球の本質に迫ろうという一冊。夏の甲子園100回大会を過ぎれば、来年、東大野球部が創部100年という節目を迎える。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

東京大学
門田隆将

高校野球の前後のコラム

ページトップ