野ボール横丁BACK NUMBER

「10点取られても打ち合いなら」
折尾愛真の想定を越えた日大三打線。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/08/10 17:45

「10点取られても打ち合いなら」折尾愛真の想定を越えた日大三打線。<Number Web> photograph by Kyodo News

10点取られても11点取ればいい、それもまた野球の真実である。折尾愛真の真っ向勝負はクールだった。

「自分たちがやりたい野球をやられた」

 その野元は試合前、「甲子園では3本はホームランを打ちたい」と意気込んでいたが、2三振を含む4打数無安打に終わった。

「自分たちがやりたい野球を相手にやられてしまいました。日大三は7点取ったあとも、まだつないできた。普通、1イニングで大量得点したら、早打ちになったりするもんなんですけど、常に点を取りにくる雰囲気があった。そこが怖かった。切れ目がなくて、守っていてもとてもつらかったです」

 野元は3番手投手としてマウンドにも上がり、7回裏には、日大三の4番・大塚晃平にレフトへ本塁打を浴びた。

「ホームランを打たれたのは初めてなので、打たれたとき、ホームランかどうかも分からなかった。かち上げられた感じ。スイングの迫力が違いました」

折尾愛真の覚悟を6点越えてきた日大三。

 折尾愛真のプロ注目の左のスラッガー、「3番・サード」の松井義弥は、日大三の右打者対策として、三塁ベースの5、6メートル後方に守っていた。それでも1回裏、日大三の主砲、3番・日置航の強烈な打球にグラブを弾かれ、内野安打にしてしまった。

「あそこで止められていれば、流れがかわっていたかもしれないんですけど……。打ち合いには自信あったんですけど、結果は、見た通りです」

 3-16。

 日大三打線は、折尾愛真の「覚悟」をさらに6点も越えてきた。

<夏の甲子園 100回大会記念特集 PART I>史上最強高校を探せ。
コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

折尾愛真高校
日大三高校

高校野球の前後のコラム

ページトップ