バレーボールPRESSBACK NUMBER

点取り屋・長岡望悠が全日本復帰!
中田久美監督の一言と新しい自分。
 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/08/08 16:30

点取り屋・長岡望悠が全日本復帰!中田久美監督の一言と新しい自分。<Number Web> photograph by AFLO

2016年、久光製薬での長岡望悠(左)と中田久美監督。全日本で再び2人は選手と指揮官の関係となる。

新しい自分を作っていくイメージ。

「怪我をしていた間に、いろんな知識が増えたり、外からコートを見られたことで、『こういうふうに動けたら』とか、『こういうことができたら』というイメージが以前よりすごく湧いてくるようになりました。でもまだそれに自分の体がついてきていないから、体現するには時間がかかると思うんですけど、それができたらって考えるとすごくワクワクします。

 でも難しいのは、バレーって自分の感覚だけに集中していられないじゃないですか。相手も味方もいて忙しいから。でも、だから面白い。それを自分だけじゃなくチームで体現できたら、もっと面白いなーと思うんですよね。日本が勝つためにも。とか言ったら、お前何様だって言われるかな(笑)」

 黒鷲旗での復帰戦の後、長岡はこう語っていた。

「前の自分に戻そうという気持ちでやるのではなくて、体も、心も、新しくなっているので、新しい自分を作っていくイメージで、納得いく1本を増やしていきたい」

 長岡は今、改めてバレーボールの奥深さと面白さを噛みしめながら、復活ではなく“新生”への道を歩んでいる。
 

関連記事

BACK 1 2 3 4
長岡望悠
中田久美

バレーボールの前後の記事

ページトップ