“ユース教授”のサッカージャーナルBACK NUMBER

インターハイで見るべき逸材は……。
Jリーグでスター確定の「弟」たち。

posted2018/08/07 07:00

 
インターハイで見るべき逸材は……。Jリーグでスター確定の「弟」たち。<Number Web> photograph by Takahito Ando

三國ケネディエブス(後列左端)擁する青森山田高校イレブン。全国大会の常連だが、チーム内競争の激しさも全国屈指。

text by

安藤隆人

安藤隆人Takahito Ando

PROFILE

photograph by

Takahito Ando

 今年の夏を彩るのは、才能あふれる「弟」達だ――。

 8月7日から第1試合が行われるインターハイ。1週間で1回戦から決勝までの6試合をこなすハードな一発勝負のトーナメントが、今年は三重県で開催される。

 この夏の主役になりうる選手の中に、多くの「弟」たちがいる。兄を追いかけて同じ高校に進学し、同じユニフォームを身に纏う男達にフォーカスを当てたい。

 その前に、まず触れておきたいのは、今大会ですでにJクラブへの入団が内定しているのはたった1人だけ、ということ。だからと言って今年はタレントがいないわけではない。複数のJクラブからオファーを受けてどのクラブにするかまだ迷っている選手もいるし、プロか大学かで迷っている選手もいる。そして早くもJクラブのスカウトが熱視線を送る1、2年生もいる。

 そんな彼らの中に、冒頭で挙げた「弟」たちがいる。最初の弟は、唯一のJ内定者である青森山田のCB三國ケネディエブスだ。

192cmのDFは元“点取り屋”。

 ナイジェリア人の父と日本人の母を持ち、192cmという特筆すべき高さと身体能力を持ち、アビスパ福岡へ進む彼は、2学年上に兄・三國スティビアエブスがいる。

 現在、順天堂大学でプレーする兄は、182cmの大型サイドバックとして高円宮杯チャンピオンシップと選手権の2冠を達成している。

 この兄の背中を追うように、ケネディも東京から青森山田中に入学。青森山田中では大型ストライカーとして活躍し、3年時の全国中学校サッカー大会では得点王に輝くなど、点取り屋として注目を浴びていた。

【次ページ】 「このままでは目標であるプロになれない」

1 2 3 4 5 NEXT
青森山田高校
三國ケネディエブス
桐光学園高校
西川潤
東福岡高校
中村拓海

高校サッカーの前後のコラム

ページトップ