競馬PRESSBACK NUMBER

武豊を尊敬するジョアン・モレイラ。
マジックマンは通年免許を目指す! 

text by

平松さとし

平松さとしSatoshi Hiramatsu

PROFILE

photograph bySatoshi Hiramatsu

posted2018/08/03 12:00

武豊を尊敬するジョアン・モレイラ。マジックマンは通年免許を目指す!<Number Web> photograph by Satoshi Hiramatsu

短期免許で来日中のジョアン・モレイラ騎手。実力派外国人ジョッキーがまた1人日本競馬を熱くするか。

ブラジルだけでなく南アでも騎乗。

 新規の競馬学校騎手課程の募集がかかるとすぐに応募。2001年には念願のジョッキー(見習い)となった。

 かの地では、ジョッキーになること自体はそれほどの難関ではなかったようだ。しかし、ジョッキーへの道がひらける事と、一流ジョッキーへの道がひらける事はまた別の話。延長線上につながる一本の道かもしれないが、それは誰もが歩ける平坦なものではなく、山あり谷ありのいばらの道だった。

 そんな険しい道をモレイラ騎手はどうやって切り拓いたのか……。

「世界に出て経験を積む事が大切だと考えました」

 生まれ故郷のブラジルだけでなく、南アフリカでも騎乗すると、グングンと勝利数を増やした。

シンガポールで頭角を現した。

 '09年からはシンガポールで騎手免許を取得。いきなりリーディング3位に食い込むと、翌'10年はリーディングトップの座を獲得。さらに翌'11年もその座を守ると、'12年には年間206勝を挙げてシンガポールの年間最多勝記録を更新。

 '13年には1日に騎乗した9レースのうち8レースを先頭でゴールを駆け抜けるなど、勢いは衰えず、4年連続のリーディング1位となり、この頃から“マジックマン”と呼ばれるようになった。

 '12年の暮れ、香港で行われたインターナショナルジョッキーズチャンピオンシップ(国際騎手招待競走)に出場すると、いきなり優勝。そして、翌'13年の秋からは生活の拠点を香港に移した。

 このシーズンは、途中からの参戦だったにも関わらず、リーディング2位となると、翌'14~'15年シーズンはリーディングを独走。香港でもジョッキーの年間最多勝利数記録を更新してみせた。

【次ページ】 各国で乗ってひきだしが増えた。

BACK 1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ジョアン・モレイラ
武豊

競馬の前後のコラム

ページトップ