ドイツサッカーの裏の裏……って表だ!BACK NUMBER

史上初のGL敗退を喫したドイツ。
再建に必要なのはエジルとの別れか。 

text by

遠藤孝輔

遠藤孝輔Kosuke Endo

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/07/11 10:30

史上初のGL敗退を喫したドイツ。再建に必要なのはエジルとの別れか。<Number Web> photograph by Getty Images

ドイツの創造性を担ってきたエジルだが、今大会が代表での最後の姿になる可能性も浮上してきた。

エジルとの別れが再建への一歩なのか。

 DFBのラインハルト・グリンデル会長は、トルコ大統領を表敬訪問した問題(※)に揺れるエジルについて、「メストがどういう行動を示すか見守る。ミスを犯したが、あれだけの功績を残した選手に(代表継続の)チャンスを与えるのは公平なこと」と語るが、歴史的な惨敗を喫した今、実績を重んじた選手選考は不要だ。

 ベテラン重視が敗因となった'98年W杯の轍も踏みかねない。2017-18のアーセナルで不本意なシーズンを送り、ロシアW杯ではスペインの『マルカ』紙から「行方不明」と酷評されたエジルとの別れが、ドイツ代表の再建に向けた意義のある一歩になるかもしれない。

(※=W杯開幕前にエジルとイルカイ・ギュンドガンが、自分たちのルーツであるトルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領と面会。その模様がSNSで公開され、ドイツ国民の反感を買った。ギュンドガンはこの騒動に対するコメントを発しているが、エジルは口を閉ざしたまま。今なお非難の対象となっている)

日本代表 未来への扉。

「Amazon」で購入

Sports Graphic Number 2018/7/17特別増刊

日本代表 未来への扉。

【独占インタビュー】 乾貴士「衝撃ゴールの真実」
【ベルギー戦完全詳報】 出場13人全証言

定価:本体463円+税目次ページへ

関連コラム

BACK 1 2 3
メスト・エジル
ヨアヒム・レーブ
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ