ロシアW杯PRESSBACK NUMBER

若きフランスの勢いが止まらない!
ウルグアイを破り頂点まであと2つ。 

text by

原山裕平

原山裕平Yuhei Harayama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/07/07 13:20

若きフランスの勢いが止まらない!ウルグアイを破り頂点まであと2つ。<Number Web> photograph by Getty Images

ブラジルを破る2ゴールをあげたグリエスマン(左)とバラン。フランスに再び黄金時代は訪れるか。

平均25.09歳のフランスは大会中にも成長している。

 もはや、ウルグアイは太刀打ちできなかった。

 反撃を仕掛けようにもボールを運べず、逆に隙を突かれてピンチを招いてしまう。ヒメネスがピッチ上で絶望を感じたとしても、不思議はないだろう。

 頼みのスアレスもシュートゼロに終わった。前線で起点となり、違いを生み出せるカバーニがいればまた違った展開も考えられたが、相棒を失ったエースは最後まで輝きを放てなかった。

 フランスにとっては、準優勝に終わった2006年以来のW杯でのベスト4である。

 期待されたムバッペは不発に終わったが、グリーズマンが1得点・1アシストと結果を出した。

 快進撃が続くフランスで特筆すべき点は、その若さだろう。この日のスタメンの平均年齢は25.09歳。「まだ若いチームだから改善の余地がある」とデシャン監督が指摘するように、このチームにはまだまだ伸びしろが残されている。

 若さがもたらす勢いだけでなく、試合を重ねるごとに成熟度を増している。20年ぶりの頂点へ――。若きレ・ブルーは、その野望の実現に向けて、また一歩前進した。

西野ジャパン23人の真実。

Sports Graphic Number 2018/7/9特別増刊

西野ジャパン23人の真実。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

アントワン・グリエスマン
ラファエル・バラン
キリアン・ムバッペ
ロシアW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ