オリンピックPRESSBACK NUMBER

日本ハンド界から続々海外武者修行へ。
東京五輪への強化策は進んでいるか? 

text by

石井宏美

石井宏美Hiromi Ishii

PROFILE

photograph byYUTAKA/AFLO SPORT

posted2018/07/03 16:30

日本ハンド界から続々海外武者修行へ。東京五輪への強化策は進んでいるか?<Number Web> photograph by YUTAKA/AFLO SPORT

東京五輪も視野に入れ、海外で活躍中の土井レミイ杏利。海外経験豊富な選手が日本代表に増えてきている。

土井に影響を受けてハンガリーへ行った徳田。

 だからこそ、チャンスがあれば、とくに若い選手には海外に挑戦してほしいと訴える。

「得られる経験も違いますし、そこ(海外)で学べるメンタルの強さや、もちろん技術も含めて全くレベルが違うと思います。チャンスがあれば出来るだけ早く、積極的に海外にチャレンジしてもらいたい。実際に経験しないと分からないことって多いと思う。とにかく海外でもまれてほしいですね」

 そんな土井に影響を受けた1人が、今年2月にハンガリー1部・ダバシュVSEに加入した徳田新之介だ。

 大学入学時から、「チャンスがあればすぐにでも行きたい」とそもそも海外志向は強かった徳田は、「土井さんや銘苅さん(淳、めかる・あつし/'12年からハンガリーやスペインでプレー。現・北陸電力)らのプレーや振る舞いを見たり実際に話をして、海外に行くことでプレー面はもちろん、人間的にも成長できると思った」と、大学卒業後すぐに異国でプレーすることを決断した。

高校生デビューの部井久も渡仏へ。

 また昨年、史上初の高校生代表デビューを果たした部井久アダム勇樹も、今夏からフランス1部リーグのセッソン・レンヌでプレーすることが決まっている。

 サッカーを始め、さまざまなスポーツで日本人選手が活躍の場を国内から海外へと移し、日常的に世界トップクラスの選手やチームと対戦することは珍しくなくなってきている。環境を大きく変化させ、その中で選手自身が成長することが、日本代表の強化にもつながってきた。

 もちろん、海外でのプレーは試合や練習だけではなく、生活の中にもストレスはある。そういった環境下でいかに心身を鍛え、ベストの結果を残せるか。1アスリートとしてはもちろん、人間力も高められるだろう。

 世界舞台で活躍する姿をイメージし、いかに海外でタフさとハングリー精神を鍛え上げられるか。日々の精進が彼らの、そして日本ハンドボール界の未来へとつながっていく。

関連記事

BACK 1 2 3
ダグル・シグルドソン
杉岡尚樹
吉野樹
徳田新之助
部井久アダム勇樹
土井レミイ杏利
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ