SCORE CARDBACK NUMBER

決勝進出選手の半数が日本勢。“最強”日本の
課題はどこに?~東京五輪のボルダリング
は金メダルが絶対目標だ~ 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/06/27 08:00

決勝進出選手の半数が日本勢。“最強”日本の課題はどこに?~東京五輪のボルダリングは金メダルが絶対目標だ~<Number Web> photograph by AFLO

今回の勝利でライバルのアンナ・シュテール(オーストリア)の持つ史上最多22勝まであと1勝と迫った野口。

 '20年東京五輪の新競技であるスポーツクライミングの種目の一つ、ボルダリングのワールドカップ(W杯)今季第5戦が6月2、3日に東京で行なわれ、第一人者である29歳のベテラン、野口啓代が優勝した。自身3度目のW杯3連勝で、通算21勝目だ。

 ボルダリングは高さ3~5mの壁に設定された課題(コース)を制限時間内にいくつ登ったかで競う。W杯は予選、準決勝、決勝の3ラウンド制で、決勝は制限時間4分。野口は予選を突破した20人で争われた準決勝で、ただ1人、全4課題を攻略した。しかも、すべて一度も落ちることなくクリアする「一撃」を連発。6人で争われた決勝では経験を生かした勝負強さで、世界ランキング1位の野中生萌をかわした。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 570文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表、未来を懸けて。

Sports Graphic Number 954・955・956

日本代表、未来を懸けて。

 

野口啓代
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

他競技の前後の記事

ページトップ