サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

昌子源から鳥取の恩師へ届いた返信。
「ポーランド戦、絶対に勝ちます!」 

text by

石倉利英

石倉利英Toshihide Ishikura

PROFILE

photograph byKazuo Fukuchi/JMPA

posted2018/06/27 07:30

昌子源から鳥取の恩師へ届いた返信。「ポーランド戦、絶対に勝ちます!」<Number Web> photograph by Kazuo Fukuchi/JMPA

吉田麻也とともに日本の最終ラインを束ねている昌子源。レバンドフスキ封じという大きなタスクを担う。

セネガル戦でも起点の縦パスが同点弾に。

 その後は定位置争いで後れを取ったかと思われた時期もあったが、ワールドカップで先発の座を勝ち取った。中村監督はあらためて、「高校時代から、持っている能力が計り知れなかった」と思い出している。城市総監督も「ワールドカップの舞台に立つことは、本当にすごいこと」と喜んだ。

 セネガル戦でも先発フル出場した昌子は、FWムバイェ・ニアングらと激しくマッチアップし、攻撃では自らドリブルで持ち上がる積極性も見せた。78分には岡崎慎司への鋭い縦パスが、本田圭佑の同点ゴールにつながった。

「ガツガツ当たりに行っていて、ビルドアップにもよく参加していた」と評した城市総監督は、今回も試合終了直後に携帯電話へメッセージを送った。

「お疲れ様。ポーランド戦も粘り強く、タフに戦ってください」という激励に、今度も1時間ほどで返信が来た。

「ありがとうございます! 次は絶対に勝ちます!」

関連記事

BACK 1 2 3 4
昌子源
米子北高校
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ