Number ExBACK NUMBER

トヨタ・ハイブリッド車がル・マン制覇。
「レースで使えるの?」からの12年間。 

text by

大串信

大串信Makoto Ogushi

PROFILE

photograph byTOYOTA

posted2018/06/19 17:00

トヨタ・ハイブリッド車がル・マン制覇。「レースで使えるの?」からの12年間。<Number Web> photograph by TOYOTA

24時間を圧倒的な速さで駆け抜けたアロンソ(車上左)、ブエミ(同右)と中嶋(車内)。

トヨタは「いわば完全試合を成し遂げた」。

 今年、セバスチャン・ブエミ/中嶋 一貴/フェルナンド・アロンソが乗った8号車は24時間で388周を走り優勝した。

 レース中ベストラップは3分17秒658。マイク・コンウェイ/小林可夢偉/ホセ・マリア・ロペスが乗った7号車は386周を走って2位でフィニッシュした。昨年優勝したポルシェは367周、レース中のベストラップは3分19秒782である。

 単純に比較できるものでもないが、トヨタの2台は大きなトラブルを起こさずスタートからフィニッシュまで突進を続け1位、2位で完走し、いわば完全試合を成し遂げたのである。

 これがどんなに難しいことかは過去のル・マン24時間レースを振り返ればわかる。

 今年のトヨタは、何よりも怖い見えない強敵に正面から立ち向かって24時間にわたって格闘し、それらをねじ伏せて勝ったのである。

関連記事

BACK 1 2 3
セバスチャン・ブエミ
中嶋 一貴
フェルナンド・アロンソ
マイク・コンウェイ
小林可夢偉
ホセ・マリア・ロペス

モータースポーツの前後の記事

ページトップ