F1ピットストップBACK NUMBER

栄光を取り戻せないマクラーレン。
ホンダとの離別は必然の帰結だった。 

text by

尾張正博

尾張正博Masahiro Owari

PROFILE

photograph byAFLO

posted2018/06/17 09:00

栄光を取り戻せないマクラーレン。ホンダとの離別は必然の帰結だった。<Number Web> photograph by AFLO

カナダGPがF1通算300戦となったアロンソだが、記念のレースはPUトラブルでリタイアすることになった。

PUの性能を引き出すのが仕事であり実力。

 逆にライバル3社に後れをとっているホンダPUを搭載するトロロッソのピエール・ガスリーは、このレースで最後列からスタートしたものの、こう言ってホンダを称えた。

「今年初めてハース(フェラーリPU)とフォース・インディア(メルセデスPU)をオーバーテイクして楽しかった」

「個々の性能を足し算することはできないし、意味はない」と語ったエンジニアは、こう言う。「パワーユニットの性能を引き出すのは、チームの仕事であり、それが実力。チームがパワーユニットを批判するのは責任を外部に転嫁しているか、性能が引き出せない原因がわかっていないかのどちらかだ」

 マクラーレン・ホンダの離別は、過去の歴史を知るファンにとっては残念な結果だった。だが、マクラーレンとホンダの双方が現実を見つめるうえでは、避けては通れなかった当然の帰結だったのかもしれない。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

フェルナンド・アロンソ
マクラーレン・ホンダ

F1の前後のコラム

ページトップ