Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

中嶋悟が語る、今宮純さんとF1。
「気持ちを許してしゃべれた」

posted2020/02/19 11:30

 
中嶋悟が語る、今宮純さんとF1。「気持ちを許してしゃべれた」<Number Web> photograph by Masahiko Nishikawa

1987年日本GP。今宮さん(左)が「後生だから6位に」と初めてものを頼んだのに応え、中嶋は6位入賞を果たす。

text by

Number編集部

Number編集部Sports Graphic Number

PROFILE

photograph by

Masahiko Nishikawa

 新年早々の悲しい報せ。F1ブームの立役者であり、小誌でも長く執筆してきたジャーナリスト今宮純さんが急逝した。「戦友」中嶋氏が思い出を語る。
 追悼企画として、Number996号(2020年1月30日発売)の記事を特別に全文掲載します。

 訃報を聞いたのは、年明けすぐの東京オートサロンでだったと思います。まだ公表されたかどうかもわからず話だけ聞いて、「ええっ」という感じで、半信半疑で。

 最後に会ったのはいつだったか……最近は僕も直接F1に行くこともなくなったし、今宮さんと顔を合わせるのは年1、2回くらい。でも長患いをしているというような話も聞かなかったし。後で聞いたらやはり、本当に急なことだったらしいですね。70歳? まあ年齢的にはそういうこともある歳かもしれないけれど、早いよね。

 出会ったのは、僕が国内でレースを始めた頃ですよね。'73年にデビューして、その頃から見てくれていたのは間違いないと思います。

 '77年かな、日本のメジャーレース、当時で言うF2000にステップアップしたときにはジャーナリストとして現場にいらしていたはずです。確か、ミニクーパーか何かに乗って来ていたのを覚えてるなあ。

 でもやはり'87年にF1行ってからですね。彼もフジテレビの仕事で毎戦来るようになったので、毎回必ず会うわけですから。そこから僕が'91年で引退して何年か解説をしていた頃も毎回顔を合わせていたし、つきあいは長いですよ。

ぶっちゃけて話をできる数少ない相手。

 僕が『Number』さんに初めて出たのが'86年なの? F1行く直前なんだ。このときから純ちゃんが聞き手か。国内のときから来てくれていましたからね。

 僕はあまりジャーナリストと親しくならないタイプなんで、自分の記事をほとんど見ないんです。でも純ちゃんには、F1デビューが決まってまたインタビューしてもらって、それから定期的に年数回、ずっと『Number』で話をしていましたよね。

 ジャーナリストとは親しくならないと言ったけど、純ちゃんだけは仕事の話プラスαというか、普通にぶっちゃけて話をできる数少ない相手でした。いつも気をつかって、僕の言っていることを優しく書いてくれたしね。今ふうに言う忖度じゃないだろうけど(笑)。

 時折はご飯に行くこともありましたよ。彼は酒をよく飲むんです。でもこっちは飲めないから、途中でダウンしちゃう。いつだったかなあ、F1に行った後だったか、1回だけ僕の自宅に奥さんの雅子さんと遊びに来て。よく覚えているのが、僕も僕の女房も飲めないんだけど、純ちゃんも奥さんも飲むでしょ。夜中になって、最初に寝ちゃったのが僕だった、なんてこともありました(笑)。

【次ページ】 純粋なレース大好き人間だった。

1 2 3 NEXT
中嶋悟
今宮純

F1の前後のコラム

ページトップ