ラグビーPRESSBACK NUMBER

頸髄損傷を乗り越え皆で富士山頂へ。
慶大ラグビー部員たちの固い絆。

posted2018/06/08 10:30

 
頸髄損傷を乗り越え皆で富士山頂へ。慶大ラグビー部員たちの固い絆。<Number Web> photograph by Masataka Tara

(左から)村田毅、杉田秀之、小澤直輝。富士登山に向けて杉田さんがトレーニングを積む「竹田塾」にて。

text by

多羅正崇

多羅正崇Masataka Tara

PROFILE

photograph by

Masataka Tara

 2007年夏、慶應義塾大学ラグビー部の1年生だった杉田秀之さんは、夏合宿の練習試合で頸髄を損傷。生涯歩くことはできないと診断された。部員の非常事態に、合宿最後に予定されていた富士登山は急遽中止となった。

 それから約11年の月日が流れ、いま杉田さんは大きな目標に向かってトレーニングを積んでいる。

 あのとき中止となり実現しなかった富士登山に、2019年夏、当時の仲間と共にチャレンジをするのだ。

 2007年8月26日、長野・菅平高原でのことだった。

 杉田さんはラグビーの練習試合にプロップとして出場し、スクラムが崩れた際に第5、第6頸椎間で頸髄を損傷。ドクターヘリで下山し、長野市内で手術を受けた。

手術翌日、杉田さんが詫びた3つのこと。

 当時就任1年目だった林雅人監督は、手術翌日の杉田さんとのやりとりを鮮明に覚えている。

 林監督はこの時すでに「最高に回復して車椅子、基本的には寝たきり」という診断を伝え聞いていた。

「集中治療室に入ると、彼は真上を見ることしかできない状態でした。首が回らないので、彼に見えるように顔を出しました。そのとき彼は3つのことを言っていて」

 1つ目は、試合を途中で退場してすいませんでした。

 2つ目は、試合はどうなりましたか。

「生涯寝たきりになるかもしれない男が、試合について詫びて、試合の結果について聞いてきたんです」

 そして3つ目が、富士登山に行けなくて申し訳ありません、だった。

【次ページ】 「絶対に歩けるようになります」

1 2 3 4 5 NEXT
慶應義塾大学
村田毅
杉田秀之
小澤直輝

ラグビーの前後のコラム

ページトップ