ラグビーPRESSBACK NUMBER

ラグビー'15年W杯戦士、決意の移籍。
木津武士「このままやったらアカン」

posted2018/06/04 10:30

 
ラグビー'15年W杯戦士、決意の移籍。木津武士「このままやったらアカン」<Number Web> photograph by Masataka Tara

2015年W杯メンバーだった木津武士。環境を変えることで、再び闘争本能に火をつけている。

text by

多羅正崇

多羅正崇Masataka Tara

PROFILE

photograph by

Masataka Tara

 もうひと花咲かせるために、自分を変えたい。

「世紀の番狂わせ」と呼ばれた2015年ラグビーW杯の南アフリカ代表戦で、逆転を懸けた勝負のスクラムを組んでいた木津武士(きづ・たけし)は、今春、危機感を抱えて東へ400キロ移動してきた。

「『このままやったらアカン』と思って、人生に変化をつけました」

 神戸(兵庫)から日野(東京)へ。29歳の大きな決断だった。

 この6月にイタリア代表、ジョージア代表と対戦するラグビー日本代表のメンバー33名が、5月23日に発表された。そこに2009年から代表44キャップを重ねた木津の名前はない。

 代表からは2016年11月以来遠ざかっている。スーパーラグビーの日本チーム、サンウルブズにも発足1年目から2季連続で参加したが、今季はメンバーに入っていない。

 ラグビー国内最高峰のトップリーグでは、昨季も在籍7年目の神戸製鋼コベルコスティーラーズで好調だった。だからこそ、危機感は募った。

「去年は神戸で15試合に全部出場して、自分なりにパフォーマンスも悪くなかったんですけど、代表から招集が掛かりませんでした。代表やサンウルブズに入れなくなってきて、『このままやと入られへんのかな』と考え始めて」

「リーダー的なことから逃げてきた」

 栄光に彩られたアスリート人生だ。東大阪市出身で、幼少期から始めた相撲では、中学卒業時に9つの相撲部屋から声が掛かるほど有望だった。

 東海大仰星高では3年時に全国制覇、東海大学では大学選手権準優勝を経験。卒業後はトップリーグ初代王者の名門・神戸製鋼に進んだ。

 身長183センチ、体重110キロ超の体格に加速性能やら精神力やらが満載で、おまけにダンディな風貌だから行く先々でスターになる。しかし本人にしてみれば、至らない点もあったという。

「代表や神戸、大学でもそうだったんですけど、リーダー的なことをしたことがなくて。そういうことから逃げてきたタイプでした。まずはそういうところを変えようと」

【次ページ】 知恵を絞って、経験したことを。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

木津武士

ラグビーの前後のコラム

ページトップ