プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

高橋ヒロム、スーパーJr.の枠を越えて。
「オレが新日の新しい象徴になる!」 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2018/06/06 16:30

高橋ヒロム、スーパーJr.の枠を越えて。「オレが新日の新しい象徴になる!」<Number Web> photograph by Essei Hara

34分を超える激闘は、後楽園ホールの観衆を熱狂させた! 高橋ヒロムが持つカリスマ性は、どこまで伸びるか――。

IWGPジュニアヘビーで2度負けている。

 スーパージュニアの連戦をヒロムは1戦目から毎日が死闘だったと言う。

「こんなに、体がきつくて……苦しい。でも、やめられないんだよ。楽し過ぎて、やめられないんだよ。
 すごいよな、プロレスの力って。こんなに痛くて、こんなにきついのに、やめられないんだから。自然と、また試合がしたくなるんだ。恐ろしいな」

 今年、ヒロムはオスプレイとのIWGPジュニアヘビー級選手権では、1月4日の東京ドーム(4WAY戦)、2月10日の大阪府立体育会館で2度負けている。

 6月9日、ヒロムは大阪城ホールでの試合を「もっと楽しませてくれるんだろうな。面白いこと用意しておけよ」とオスプレイに呼びかけ、自らも「もっと楽しむ」という。

 盛りだくさんの大阪城ホール大会「DOMINION」。チケットはすでにソールドアウトと大人気だが、オスプレイvs.ヒロムも見たいカードの一つだ。

関連記事

BACK 1 2 3
高橋ヒロム
石森太二
ウィル・オスプレイ
内藤哲也
新日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ