欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

ロシアの皇帝モストボイの今は……
プルシェンコとアイスホッケー!? 

text by

篠崎直也

篠崎直也Naoya Shinozaki

PROFILE

photograph byUNIPHOTO PRESS

posted2018/06/05 17:00

ロシアの皇帝モストボイの今は……プルシェンコとアイスホッケー!?<Number Web> photograph by UNIPHOTO PRESS

1990年代後半から2000年代前半にかけてセルタの中盤を司ったモストボイ。引退後の人生も数奇だ。

「足でパックを蹴りたいと思う時が」

 サッカーの現場からやや離れた立場にいるモストボイが、現在最も熱を入れているのがアイスホッケーだ。幼い頃にサッカーと並行して親しみ、現役引退後は友人たちと楽しむ程度だったが、昨年セミプロレベルと言えるモスクワの「ノチナヤ・リーガ」への参戦を表明。

「レジャヌィエ・ボルキ(氷の狼)」の一員として、フィギュアスケートのエフゲニー・プルシェンコと共にアイスホッケーデビューを飾り、氷上で2人の「皇帝」による豪華なコンビが生まれた。

「もちろん足でパックを蹴りたいと思うことはあるし、実際にそうなってしまう時もある。自分はサッカー選手で、いつもサッカーのことは気にしている。でもプレーするなら今はサッカーよりもホッケーだね」

 ポジションはサッカー時代とは正反対のディフェンス。今季はファイナル進出をあと一歩のところで逃し、悔しさを滲ませた。

「来年こそはすべてを自分たちで掴み取る。ファイナルは誰にも渡さないね」

 子供に戻ったような笑顔で来季への意気込みを語るサッカー界の「皇帝」は、心から楽しめる第2の人生を見つけたようだ。

関連記事

BACK 1 2 3 4
セルタ・デ・ビーゴ
アレクサンドル・モストボイ
エフゲニー・プルシェンコ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ