テニスPRESSBACK NUMBER

ティーム相手に全仏4回戦敗退も、
心折れない錦織圭に見た完全復活。
 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/06/04 11:20

ティーム相手に全仏4回戦敗退も、心折れない錦織圭に見た完全復活。<Number Web> photograph by Getty Images

クレーで躍進中のティーム相手に敗戦。とはいえ錦織圭は世界トップレベルに確実に戻ってきている。

劣勢の中でプランBに切り替えて。

 なぜ足が動かなかったのかと聞かれた錦織は「自分でもよく分からない」と答えた。それくらい微妙な誤差、違和感が「動かなかった」の言葉になったのではないか。

 ただ、この誤差は、好調のティームの前には致命的だった。

 これらが最初の2セットの大差の原因だ。しかし、そんな試合を、もう少しで振り出しに戻すところまで持っていくのが錦織の非凡さだ。

 第3セット、錦織のショットの弾道が高く、ボールが深くなった。ラリーのテンポを速めることを基本戦術とする錦織だが、ここでは「じっくりプレーすることを心がけた」。劣勢の中でプランBに切り替えたのだ。

 ミスが減り、深いボールがティームのリズムを崩した。ミスを待つだけでなく、ハードヒットで左右に振り回す場面も増えた。鮮やかな戦術変更で錦織がセットカウント1-2に持ち込んだ。

グランドスラムでの初対戦が初黒星に。

 第4セットは第7ゲームでの2つのミスが惜しまれる。「あのゲームさえキープしていけば、もうちょっとチャンスがあった。第5セットに持っていきたかった」と錦織が悔やんだのがここだ。

 バックハンドのサイドアウトとフォアハンドのネットで0-30。3-3からのサービスダウンは致命傷となる。絶対落とせないという重圧が錦織を硬くしたのか、ティームにラリーを支配され、ブレークを許した。事実上、これは試合を決めるブレークだった。

 ティームにはこれまで2勝0敗。グランドスラムでの初対戦が、痛い初黒星となった。

 しかし、この試合からポジティブな要素を探すのは難しいことではない。

 2セットを続けて落としたが、気持ちは折れなかった。

【次ページ】 テニスを楽しむ気持ちが戻っている。

BACK 1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

錦織圭
ドミニク・ティーム

テニスの前後のコラム

ページトップ