テニスPRESSBACK NUMBER

ティーム相手に全仏4回戦敗退も、
心折れない錦織圭に見た完全復活。
 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/06/04 11:20

ティーム相手に全仏4回戦敗退も、心折れない錦織圭に見た完全復活。<Number Web> photograph by Getty Images

クレーで躍進中のティーム相手に敗戦。とはいえ錦織圭は世界トップレベルに確実に戻ってきている。

テニスを楽しむ気持ちが戻っている。

「ちゃんとやれば、ちゃんと調子が戻れば大丈夫だと言い聞かせてやっていた」

「何もうまくいかない状況だったが、1ポイントずつじっくり戦おうと思って第3セットに入った」

 この心の強さ、突破口をこじ開けようとする気持ちの粘りは、去年のチョン・ヒョンとの全仏3回戦、2日がかりのあの苦闘で、怒りにまかせてラケットをたたき折った錦織にはなかったものだ。コートを離れた半年の時間が、彼にテニスを楽しむ気持ちを思い出させたのだろう。

 あまりの順調さに、すっかり忘れていたが、これは彼のグランドスラム復帰戦なのだった。この気持ちの強さ、試合後の悔しがり方なら、もう大丈夫だ。

 復帰過程を終え、今の錦織は戦う男たちの集団に戻ってきた。グラスコートシーズンには、もう一段上のプレーが見られるだろう。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

錦織圭
ドミニク・ティーム

テニスの前後のコラム

ページトップ