福西崇史の「考えるサッカー」BACK NUMBER

3バックはオプション、ボランチは?
福西崇史が強く推すのは大島僚太。

posted2018/06/04 17:00

 
3バックはオプション、ボランチは?福西崇史が強く推すのは大島僚太。<Number Web> photograph by Asami Enomoto

福西崇史氏が期待を寄せる大島僚太。ボールを奪って素早くパスをさばける能力で、日本の新たな中盤の軸となるか。

text by

福西崇史

福西崇史Takashi Fukunishi

PROFILE

photograph by

Asami Enomoto

 ガーナ戦と翌日の代表発表を受けて感じたことは2つあります。

 現状で3バックは1つのオプションなのではという点、そしてシステムがどの形であれ、ボランチの組み合わせが最も重要、という点です。

 まずW杯に臨む23人のメンバーを見ると、経験値を重視したんだなという印象を受けます。試合の入り方や90分間通じての進め方など、これまでの代表戦やクラブでの経験を生かしてもらいたい、と西野監督は判断したのでしょう。ただやはり若手が外れたことは、将来的な成長でちょっと影響が出てしまうかもしれません。

 さて、西野監督になってから取り組んでいる3バックについてです。

 ガーナ戦では長谷部が3バックの中央に入る3-4-2-1を試しました。フランクフルトで長谷部がこのポジションを務めていること、長友と原口の両サイドハーフが高い位置を取りにいく、という狙いがありました。

4バックの方が戦いやすいのでは。

 ただ試合を見る限り、守備時のスライド、そして全体的なバランスでギクシャクしていたことは否めません。

 国内での代表合宿では3バックを中心に取り組んでいたそうですが、このシステムが選手間で浸透しきるには時間が足りないのかな、という印象です。ガーナ戦は3バックでどれだけできるかのテストの場としたんでしょうが。

 試合途中からは4-2-3-1、4-4-2とハリルホジッチ前監督のもとでやってきた4バックに変えて、徐々に安定しました。オーストリア合宿やスイス戦、パラグアイ戦でどこまで試すかですが、現時点では4バックの方が戦いやすいのでは、と思います。

【次ページ】 素早く攻撃に移れる縦パスを送りたい。

1 2 3 NEXT
福西崇史
大島僚太
柴崎岳
長谷部誠
山口蛍
遠藤航

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ