プロレス写真記者の眼BACK NUMBER

オカダ・カズチカvs.ケニー・オメガ。
IWGP戦、時間無制限3本勝負の真実。 

text by

原悦生

原悦生Essei Hara

PROFILE

photograph byEssei Hara

posted2018/05/28 08:00

オカダ・カズチカvs.ケニー・オメガ。IWGP戦、時間無制限3本勝負の真実。<Number Web> photograph by Essei Hara

これまでも多くの名勝負を繰り広げてきた2人。アメリカ進出も念頭に、新日本プロレスの新しい時代の扉を開けるか?

「新しいチャンピオンを見せていかなくては」

 オカダのIWGP王座の防衛記録は棚橋弘至を抜いて、歴代1位の12回防衛になっている。

「V12の新しいチャンピオンをこれから見せていかなくてはいけない。オレじゃなくちゃダメでしょう。大阪城ホールで最強のチャンピオンを見せてやりますよ。オレがチャンピオンだから新日本プロレスはここまで来ている」

 見せて勝つということにこだわる2人だからこそ、あえて時間無制限3本勝負という選択をしたということになる。

 はたして試合時間は60分を超えるのか、それとも予想に反して逆に短いのか?

 それはゴングが鳴ってみないとわからない。

関連記事

BACK 1 2 3
オカダ・カズチカ
ケニー・オメガ
新日本プロレス

プロレスの前後の記事

ページトップ