サムライブルーの原材料BACK NUMBER

GK東口順昭が怪我で得た割り切り。
「絶対止めなあかん」が強すぎた? 

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/05/19 07:00

GK東口順昭が怪我で得た割り切り。「絶対止めなあかん」が強すぎた?<Number Web> photograph by Getty Images

フェースガードは東口順昭の新たなトレードマークになっている。精神的にも一段大人になった彼のプレーから目が離せない。

フェースガードは新しいヒガシの象徴に。

 チームが置かれた状況など外的要因に左右されず、自分自身にフォーカスしていく。それがひいては「勝ちに持っていけるだけの存在感」に向かうことにも気づいた。アプローチを変えても、その目標に届くということを。

 積極性と割り切りを携えて、ゴールマウスにそびえ立つ。なるほど大きく見えるのは、何となくの“心なし”ではなく、その道理をつかんだ“心あり”だからこそ。

 いち早く復帰したかったのは、何も日本代表にアピールするためではない。ケガをしたことで得た感覚を、できるだけ早くプレーに落とし込みたかったからにほかならない。マリノス戦は1-1で引き分けたとはいえ、前途に光明を見いだすことができた。

 フェースガードは“新しいヒガシ”の象徴になっている。

「身に着けていても、見え方とかも問題はないです。むしろ安心感が出るんで、思い切ってプレーできる。当分は着けておこうかなって思っています」

 川のように、柳のように。

 流れを読みながら、流れに身を任せながら、的確に、確実に。

 フェースガード越しから見える視界は、極めて良好である。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

東口順昭
ガンバ大阪
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ