サムライブルーの原材料BACK NUMBER

GK東口順昭が怪我で得た割り切り。
「絶対止めなあかん」が強すぎた?

posted2018/05/19 07:00

 
GK東口順昭が怪我で得た割り切り。「絶対止めなあかん」が強すぎた?<Number Web> photograph by Getty Images

フェースガードは東口順昭の新たなトレードマークになっている。精神的にも一段大人になった彼のプレーから目が離せない。

text by

二宮寿朗

二宮寿朗Toshio Ninomiya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 3週間前とは明らかに違う東口順昭がいた。

 黒いフェースガードを身につけた外面は、虚心平意の内面を含ませる。静かにゴールに立ちはだかる姿は、これまで以上に大きく見えた。

 あのケガを、いかに踏み台としたのか。

 4月21日の“大阪ダービー”で味方と接触し、右頬骨と右眼窩底を骨折した。それでも早期回復に努め、3週間で戻ってきた。

 先のアウェー、横浜F・マリノス戦は32歳のバースデーだった。

 よどみないこと川のごとく。

 前半32分、右サイドをドリブルで駆け上がってきた仲川輝人が、ペナルティーエリアに侵入してくる。ニアにも注意を払いつつ、正対に構えてファーを狙ったシュートをゴールライン外に弾き出した。

 前半終盤には山中亮輔のミドルシュートを横っ飛びでキャッチ。その後、裏にパスを出されてウーゴ・ヴィエイラに渡りながらも、ペナルティーエリア内でそのボールを足で止めてタッチラインに出している。

 これまたよどみない。

 川のごとく、柳のごとく、空気のごとく、機械のごとく――。

前に出たことに「後悔なんてない」。

 それまでの彼は、むしろ最後方から熱を発していた。今季なかなか勝利を拾えず、「チームを勝たせたい」プレーが随所にあらわれていた。

 ケガを負ったホームでのセレッソ大阪戦もそうだった。相手GKのロングフィードに対して前に出ていったところで味方と交錯し、交代を余儀なくされた。

 万博公園が目と鼻の先にある大阪・吹田のクラブハウス。練習後に少し、話を聞くことができた。

 あのとき前に出ていくことに、迷いはなかったように思えた。

 そう伝えると、すっかり腫れの引いた顔をこちらに向けて東口は言った。

「ぶつかってしまったのは正直、自分の判断が悪かったと思うんです。でも前に出ていって処理するのが自分のスタイル。全然後悔なんてないですよ。大阪ダービーでホームやし、絶対に勝たなあかんという気持ちも、より強かったかもしれないですね。ただ、(ケガをした瞬間)またかとは思いましたよ」

【次ページ】 嫌な予感もよぎったが、3週間で復帰。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

東口順昭
ガンバ大阪
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ