セリエA ダイレクト・レポートBACK NUMBER

異論承知で言う、MVPはブッフォン!
史上初7連覇ユーベのみが持つ強さ。

posted2018/05/16 11:30

 
異論承知で言う、MVPはブッフォン!史上初7連覇ユーベのみが持つ強さ。<Number Web> photograph by Getty Images

'01年からユーベに在籍しているブッフォン(中央)。9度のセリエA優勝と共に、スクデット剥奪、2部降格も味わっている。

text by

弓削高志

弓削高志Takashi Yuge

PROFILE

photograph by

Getty Images

 ユベントスが前人未到のスクデット7連覇を達成した。

 長く続いたナポリとのデッドヒートを制した彼らは、コッパ・イタリア4連覇も成し遂げている。国内Wタイトル4連覇はもちろん史上初の快挙だ。非情なまでの強さを誇る勝利至上主義のビアンコネーリ(白・黒)軍団は、今年もタイトルを守った。

 スクデット獲得直後、普段のポーカーフェイスを脱いだ名将アッレグリが熱を込めて語った。その言葉に今も考えさせられている。

「サッカーはファンタジーだ」

 今季のスクデットは、過去6年で得たそれらと比べて最も苦しんで勝ち獲ったタイトルだということに異論は少ないだろう。

 実力伯仲のライバルだったナポリには開幕時点から首位を許し、前半戦終了時に“冬の王者”を譲った。ようやく3月中旬にポイントリーダーの座を奪ったものの、追いすがるナポリとの34節直接対決でまさかの黒星を喫し、再度勝ち点差1に詰め寄られた。

 連覇の夢は消えかけた。ナポリ戦の黒星はただの1敗ではなかった。

 常勝を誇ってきたホーム「アリアンツ・スタジアム」で、90分目のCKから決勝弾を叩き込まれた精神的ダメージも大きかったが、残る日程が難題だった。最終4節の対戦カードにはCL出場権を諦めないインテルとローマとのアウェーゲームがあり、さらに間を縫ってミランとのコッパ・イタリア決勝戦が控えていた。

ナポリ戦の敗戦後、ブッフォンの行動。

 このタフな日程ではどうやっても消耗は避けられない上に、守備の要であるDFキエッリーニが筋肉故障で離脱した。エースFWイグアインも公式戦8戦連続で当たりがない。

 11日前に喫したCL準々決勝敗退のショックも尾を引く中で、聡明なユベントスの選手たちはナポリ戦の試合終了ととともに、自分たちがタイトル争いで著しく不利な状況に追い込まれたことを悟った。彼らは茫然自失のままロッカールームへ引き上げた。

 たった1人、主将ブッフォンだけがグラウンドに残った。

 試合中継がどこまで放送したかはわからないが、イタリアが生んだ不世出の守護神は、勝者であるナポリの選手たち1人ひとりに握手とハグを求め、彼らを称えていた。

【次ページ】 CLレアル戦後は審判を罵っていた。

1 2 3 4 5 NEXT
ユベントス
ジャンルイジ・ブッフォン
マッシミリアーノ・アッレグリ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ