【NSBC補講II】 BリーグNo.1経営者のビジネス論BACK NUMBER

総観客動員数15万人を突破した、
Bリーグ千葉が見据える来季。

posted2018/05/12 08:00

 
総観客動員数15万人を突破した、Bリーグ千葉が見据える来季。<Number Web> photograph by B.LEAGUE

4月7日のシーホース三河戦では船橋アリーナの通算入場者数が20万人を突破している。

text by

島田慎二

島田慎二Shinji Shimada

PROFILE

photograph by

B.LEAGUE

 今季は総観客動員数15万人、売上高11億円という目標を掲げたシーズンでした。

 最終的には総観客動員数が15万5895人、また1試合平均も5196人と5000人超え。売上高もシーズン途中に11億円という目標数値を13億円に上方修正し、最終的には13億5000万まで到達する見込みで、まさに有言実行の結果となりました。

 チーム、エンターテイメント、ホスピタリティの質を向上させていくことに終わりはないので、さらに高いところを目指していますが、今季我々ができるベストは尽くすことができたのかなと感じています。

 だからこそ、観客動員数の目標値達成、チームの成績にもつながった。パートナーやブースターの方々を始め、支えていただいているすべてのみなさんに心から感謝したいです。

 また今季途中まで、私はBリーグバイスチェアマン(副理事長)と兼務していた関係もあり、ジェッツにパワーを注げない時期がありました。

 周囲は私がクラブの代表とバイスチェアマンの二刀流を務めることで、ジェッツの観客動員数や売上高の数字が落ちるだろう、簡単にはいかないだろうと見ていた方も決して少なくないはず。しかしその予想を裏切り、さらに数字を伸ばせたことは非常に喜ばしく思っています。

 もちろんこれは選手やスタッフの頑張りのおかげでもあります。また、このような状況でも成果を収められたのが、千葉ジェッツの強さだと自負しています。

スポンサーもグッズも全て伸びている。

 最終的なデータが出たわけではありませんが、今季の売上高の内訳(パートナー、チケット、グッズ、アカデミー事業、ブースタークラブ、イベント、その他)はほぼ昨年と変わりありません。ただ1つ言えることは、バランスよくすべての項目において売上高を伸ばしているということです。

 チケット収入はシーズン前の目標だった数字よりも6000万弱ほど、スポンサー(パートナー)も同様に目標よりも1億5000万くらいはヒットしています。また、グッズも目標よりも1億程度はヒットしている見込みです。

 グッズは従来のラインナップを増やすことはもちろん、ホームゲーム30試合で毎試合新商品を投入し続けました。

 また、企画もののグッズや冠スポンサーさんと連携したグッズも展開。実は昨年まではスタッフが他の業務との掛け持ちで行っていたんですが、今年からMD(マーチャンダイジング)専任のスタッフを雇用しました。そういったグッズに関する工夫や人材確保も売上増につながったのかもしれません。

【次ページ】 船橋アリーナは毎試合ほぼ満員。

1 2 3 NEXT
千葉ジェッツ
島田慎二

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ