サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

代表はいよいよ2トップを検討すべき。
大迫&岡崎、浅野、中島、武藤……。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2018/05/11 17:00

代表はいよいよ2トップを検討すべき。大迫&岡崎、浅野、中島、武藤……。<Number Web> photograph by Getty Images

攻撃の軸になるだろう大迫勇也。所属するケルンでも2トップには慣れている。

浅野、中島、武藤も十分候補に。

 たとえば、シュツットガルトでゲームから遠ざかっている浅野拓磨は、攻撃のジョーカーに成り得る存在だ。DFラインの背後へ抜け出すスピードは、ウイングだけでなく2トップの一角でも生かせる。速さばかりが強調されがちだが、コンビネーションプレーが苦手なわけでもない。

 3月の欧州遠征では左ウイングで起用された中島翔哉も、2トップの候補に加えることができる。2トップではトップ下の性格が強くなるが、シュートレンジの広さと直線的かつ大胆な仕掛けを、ストライカーとのコンビで引き出すことは考えていいはずだ。

 前監督の指揮下でチームに定着できず、西野監督も先の欧州行脚で視察しなかったが、武藤嘉紀は2トップの候補に加えられる。大迫や岡崎とコンビを組めば、横並びでもタテ関係でも臨機応変にプレーできるだろう。交代出場のカードとしても有効だ。

 対戦相手との力関係から判断すれば、現実的には「日本人の良さ」を発揮することよりも、相手の良さを消すことが優先されるだろう。

 ただ、勝点3をつかむにはゴールを奪わなければならず、自分たちの強みを押し出す時間帯は必ず必要と考えたときに、2トップはトライする価値のある戦略だと思うのだ。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
大迫勇也
岡崎慎司
浅野拓磨
中島翔哉
武藤嘉紀
西野朗
ロシアW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ