プロ野球亭日乗BACK NUMBER

163キロの速球でも狙い打たれる!?
大谷翔平、貴重な世界一打線“初体験”。

posted2018/04/25 18:15

 
163キロの速球でも狙い打たれる!?大谷翔平、貴重な世界一打線“初体験”。<Number Web> photograph by Getty Images

ダルビッシュ有のフォーシームの平均回転数は2500を越えるという。大谷翔平はフォーシームはどこまで進化させられるか?

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Getty Images

 二刀流でメジャーに挑戦しているロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手が現地時間4月24日(日本時間25日)、敵地のミニッツメイド・パークで行われたヒューストン・アストロズ戦に今季4度目の先発登板を果たした。

 この日は5回に2ランを浴びて1点差とされたが、6回1死まで打者24人に6安打7奪三振、5四球という内容。

 リリーフ投手が打たれて3勝目は逃したが、強打を誇る昨年のワールドチャンピオン・アストロズ打線を相手に見応え十分のピッチングだった。

あのレッドソックス戦から1週間後。

 前回登板の4月17日のボストン・レッドソックス戦。

 右手中指にできていたマメの状態が悪化して、わずか2回でマウンドを降りなければならなかった。

 それから1週間後のこの日は、心配されたマメの影響もほとんど感じさせない投球内容だった。

「良かったと思います。入りも良かったですし、状態的にも前回より全然、いい状態で入れたと思います」

 相手は強力打線を前面に押し出して、昨年はワールドチャンピオンまで上り詰めたアストロズ。「素晴らしいまっすぐとキレのあるスプリットを駆使する投手」――各打者に配られたスカウティング・リポートには大谷の特長が、おそらくこう記されていたはずだ。

 しかし、この日の立ち上がりはちょっと違う背番号17がマウンドにいた。

【次ページ】 日本ハム時代の大きな柱だったスライダー。

1 2 3 4 NEXT
大谷翔平
ジョージ・スプリンガー
ホセ・アルトゥーベ
デレク・フィッシャー
ロサンゼルス・エンゼルス
ヒューストン・アストロズ

MLBの前後のコラム

ページトップ