メジャーリーグPRESSBACK NUMBER

「必ず実現させたい」「ぜひ一緒に」
イチローvs.大谷翔平は、いつ実現?

posted2018/04/26 17:00

 
「必ず実現させたい」「ぜひ一緒に」イチローvs.大谷翔平は、いつ実現?<Number Web> photograph by Kyodo News

イチローはスポーツサイト「ジ・アスレチック」のインタビューで大谷の活躍について「注目される中で、ただただ信じられない」と讃えた。

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 日本の野球ファンならずとも、初の「2ショット」は、誰もが待ち望んでいるに違いない。

 昨オフ、大谷翔平がエンゼルス入りし、さらに、3月にはイチローが古巣マリナーズへ電撃復帰したことで、2人の対決が現実味を帯びる状況が整った。ア・リーグ西地区のライバル同士でもあり、今季中に両軍の対決は計6カード、19試合が予定されている。

 イチロー44歳、大谷23歳。

 当然のことながら、2人の間に、メジャーはもとより、日本球界や公の場での接点はない。

イチローが210安打の年に生まれた大谷。

 大谷が岩手・花巻で産声をあげた1994年、前年まで鈴木一朗だったオリックスの外野手は、登録名を「イチロー」に変更し、毎試合のように安打を量産していた。最終的に、この年のイチローは、日本プロ野球史上で初めて年間200本安打を放ち、スーパースターへの道を駆け上がっていった。

 一方、東北の牧歌的な田園都市でノビノビと育った大谷が、プロ入り以来、これまでの常識を越える超ハイレベルの「二刀流」として、日米両球界の話題をさらっていることは、今さら説明の余地はないだろう。

 そんな2人が、同じメジャーの舞台で出会う機会が近づいてきた。

 開幕後の1カ月間こそ両チームの対戦がなかったものの、5月4日(日本時間5日)からのシアトル3連戦で初めて同じグラウンドに立つことになる。もっとも、大谷が4月24日のアストロズ戦に先発したことからも、ローテーション通りであれば、マリナーズ戦で登板する可能性は低いとみられている。

 ただ、イチローが打席に立ち、大谷が18.44m離れたマウンドで向き合う機会は、この先、数多く残されている。

<今季の「マリナーズ-エンゼルス戦」>
6月11日~13日(シアトル)
7月3日 ~ 5日(シアトル)
7月10日~12日(アナハイム)
7月27日~29日(アナハイム)
9月13日~16日(アナハイム=4連戦)

【次ページ】 「翔平との対戦、必ず実現させたい」

1 2 NEXT
イチロー
大谷翔平
シアトル・マリナーズ
ロサンゼルス・エンゼルス

MLBの前後のコラム

ページトップ