日々是バスケBACK NUMBER

部活から飛び出した女子がNCAAに!?
池松ほのか、米国バスケ武者修行。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byYoko Miyaji

posted2018/04/23 10:30

部活から飛び出した女子がNCAAに!?池松ほのか、米国バスケ武者修行。<Number Web> photograph by Yoko Miyaji

ロバートモリス大でプレーしている池松ほのか。日本人だけでなく、欧州出身選手も多い、多国籍なチームである。

クラブチームだから成長できた。

「アメリカに近い感じで褒めて伸ばすところで、好き放題やらせてくれて、自分が『ここでやらなきゃだめだ』と気づいて、(必要なことを)取りに行くような感じ。すごく育ててもらった」と、クラブチームが楽しかった理由を振り返る。

 そもそも本場のアメリカのバスケットボールを知ったのも、クラブチームが主催していたシアトルでのキャンプが最初だった。

 中学1年の春に参加し、楽しかったので中学2年の夏にも参加した。その経験から、アメリカに留学したいと思うようになった。

先輩として、コーチとして……森田麻文の存在。

 高校を卒業し、アメリカ留学に向けて本格的に準備を始めようとしたとき、NCAAディビジョンIのロバートモリス大の森田麻文アシスタント・コーチ(AC)から声がかかった。急にガードのポジションに空きができたという連絡だった。

 偶然から生まれたチャンスだったが、この時、池松が選ばれた鍵となったことがいくつかあった。

 高校の成績がよかったため、NCAAや大学の基準となる成績をクリアできそうだったことがひとつ。

 またロバートモリス大での森田ACの実績から、日本人選手なら全力で努力し、敬意をもってプレーしてくれるだろうと認められていたことがひとつ。

 またバスケットボールの技術面では、アメリカでは女子選手でも常識となっているワンハンドシュートをすでに身につけていたことも大きかった。

【次ページ】 重要だった、ワンハンドシュートの技術。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

池松ほのか
森田麻文
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ