日々是バスケBACK NUMBER

部活から飛び出した女子がNCAAに!?
池松ほのか、米国バスケ武者修行。 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byYoko Miyaji

posted2018/04/23 10:30

部活から飛び出した女子がNCAAに!?池松ほのか、米国バスケ武者修行。<Number Web> photograph by Yoko Miyaji

ロバートモリス大でプレーしている池松ほのか。日本人だけでなく、欧州出身選手も多い、多国籍なチームである。

1年生らしい波のあるプレーが欠点。

 11月に始まったシーズンは4カ月間続き、3月16日に終わりを迎えた。

 故障でシーズン終盤に1試合欠場した以外、32試合にスターターで出場した池松は、ほとんどの1年生選手がそうであるように、波のあるシーズンを送った。

 3Pシュートが面白いように決まり、2試合続けて6本、7本の3Pシュートを決め、23点、25点をあげたこともあった。

 これには、ブスカリアHCも、「シュートを打てるというのはわかっていたけれど、思っていたより早くできるようになった」と感嘆する。

 逆によくないときは、チームを落ち着かせ、まとめる役割のポイントガードでありながら、1試合に5本以上のターンオーバーを犯してしまうことがあった。

 それでも、常に必死に努力し、成長しようとしていた。

 ブスカリアHCは言う。

「うまくいかないときもあったけれど、彼女はいつでもすぐに立ち直っていた。苦戦したときでも、その次の試合では戻ってきて、戦う準備ができている、そんなメンタル面でのタフさを見せてくれた」

 森田ACも同じように、池松の頑張る姿勢を評価する。

「彼女が一番いいのは、バスケットを好きで、うまくなりたいと思っているところ。

 完璧じゃなくて、今はまだすごくアンバランスな状況でも、頑張って、ちょっとずつ前進している」

 それだけ成果があった大学1年目だったが、終わりはほろ苦いものになった。

NCAAトーナメント出場を逃す!

 シーズン最後から2番目の試合となったNECカンファレンス・トーナメント決勝では、ライバルのセント・フランシス大に敗れ、目標としていたNCAAトーナメント出場を逃した。

 そして、シーズン最後の試合となったNITのトーナメント1回戦では、シュートが入らなかっただけでなく、ターンオーバー5本を犯してチームの足を引っ張って敗退。

「シーズン通してポイントガードのスターターとしてやってきたんですけれど、ああいう終わり方をしたのは悔しかったです。

 相手がどうとかでなくて、自分の気持ちの面だったと思います」

 悔しさは、来年へのモチベーションになる。それに、シーズンを振り返ると、苦しいことも、厳しいこともあったが、それでも、アメリカでバスケットボールができるという楽しさがすべてを上回ったという。

【次ページ】 厳しく、苦しかったけど、「楽しかった」が一番!

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

池松ほのか
森田麻文
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ