ハマ街ダイアリーBACK NUMBER

ハマの快進撃支える“恐怖の9番”。
倉本寿彦のサバイバル野球哲学。

posted2018/04/16 17:00

 
ハマの快進撃支える“恐怖の9番”。倉本寿彦のサバイバル野球哲学。<Number Web> photograph by Kyodo News

社会人・日本新薬では1年目からショートのレギュラーで、2015年にはDeNAでも新人ながらショートの開幕スタメンを務めた。

text by

石塚隆

石塚隆Takashi Ishizuka

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 もうショートには未練はないのか?

 この単刀直入の問いに倉本寿彦は、間を置くことも、表情を変えることもなくクールに答えた。

「いや、べつに」

 2015年のルーキーイヤーからショートを守り続けてきた倉本は、今季、阪神から移籍してきた大和に追われる形でセカンドへコンバートされてしまった。

 アマチュア時代も含めほとんど経験したことのなかったセカンドという守備位置に対し、どこか複雑な感情を抱いているのではないかと勘繰ったのだが、倉本は真っ直ぐな視線を向け語ってくれた。

「ショートだけではなく、セカンド、それに(守備固めの)サードに入ることによってプレーに対する幅が広がるし、野球に関しいろいろな考え方ができるようになると思うんです。

 その意味において今後の野球人生を考えると確実にプラスになるはず。ですから“未練”というマイナスの感情はなくて、前向きに取り組んで行こうという思いの方が強いんですよ」

大和の実力を素直に認めている倉本。

 現状をポジティブに捉えている倉本は、二遊間を組む大和の定評ある守備力を肌で知り、その実力を素直に認めている。

「大和さんがショートを守って失点を防いでいるのは事実だし、僕どうこうではなく、そこは絶対にチームのプラスになっていると思います。上手くまわっている今の形がチームにとってすごくいいんだろうなって」

 意固地にならず今ある状況を受け入れ、変化していくこと。それがチームはもちろん、自分にプラスになるのならば何の問題もない。

【次ページ】 9番打者の泥臭い活躍でチームは破竹の8連勝。

1 2 3 NEXT
倉本寿彦
大和
横浜DeNAベイスターズ
アレックス・ラミレス
柴田竜拓

プロ野球の前後のコラム

ページトップ