球道雑記BACK NUMBER

ロッテ好スタートと“走塁改革”。
井口監督が一、二軍全員に徹底中。 

text by

永田遼太郎

永田遼太郎Ryotaro Nagata

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/04/12 08:00

ロッテ好スタートと“走塁改革”。井口監督が一、二軍全員に徹底中。<Number Web> photograph by Kyodo News

井口監督の現役時代は日米通算295本塁打のスラッガーでありながら、盗塁数も同224個で2度の盗塁王を獲得している。

キャンプの時から続く意思統一。

 その言葉どおり、三家と大木の今季のイースタン打撃成績は昨年と比べても上昇している。

 今年2月の石垣島春季キャンプで、千葉ロッテは一、二軍の枠をとり払って練習し、チーム全体の競争意識を高めた。それにプラスしてチーム全体の戦い方を意思統一させる狙いもあっただろう。

 その効果が早くも如実に現れている。井口監督の改革のひとつがここにあるのだ。

 井口監督は、監督就任時に「自主・自律」という言葉を何度となく使っていた。本当に変えたかったのは走塁ではなく、選手たちの意識だったに違いない。

 その点で今季の千葉ロッテはひと味もふた味も違う。

 弱者から強者に変わる瞬間が着々と近付いている。

MLB2018 DREAM OPENING大谷翔平 夢の始まり。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
千葉ロッテマリーンズ
井口資仁
鈴木大地

プロ野球の前後の記事

ページトップ