野ボール横丁BACK NUMBER

センバツ20本塁打の全バットリスト。
根尾昂はバットもグラブも特注品!? 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2018/04/10 11:30

センバツ20本塁打の全バットリスト。根尾昂はバットもグラブも特注品!?<Number Web> photograph by Kyodo News

バットはもちろん、グラブも特注の根尾昂。今年の夏は根尾モデルの球児も増えそうだ。

短いバットの人気がこれから出る?

 別注バットでいえば、大会8号ホームランを放った彦根東の高内希が使用していた80センチの「極短バット」も話題を集めた。星さんが話す。

「今、バットの長さの主流は84センチから83センチに移りつつあります。これまでは短くすると飛ばないんじゃないかという先入観があった。でも高内選手が打ったことで、それが払しょくされた。もうメーカーさんには数本、発注がきているそうです。この夏、火が着くかもしれませんね」

ホームランバットはスカイビート!

 また昨夏のホームランバットは、ミズノの「Vコング」シリーズとSSKの「スカイビート」シリーズが二大「量産バット」だったが、この春は「スカイビート」が優勢だった(別表参照)。星さんが解説する。

「使っている率でいえばVコングシリーズとスカイビートが依然2大勢力で、その比率は5対5くらいですが、ホームランはスカイビートの方が倍以上出ましたね。今大会、最多となる5本を記録した『スカイビート31K LF』という新しいモデルは30グラムくらい重さを手元に寄せていて、以前よりも振りやすくなった。それがどこまでこの本数に影響しているかはわかりませんが……。

 全体的に昨年夏のような本数にならなかったのは、まだ春でバッターが仕上がってないからでしょうか。ただ、昨年夏、甲子園に出た選手は打った感じがぜんぜん違ったと話していましたので風とかボールとか、特別な要因があったのかもしれません」

 本塁打数が急増した謎については引き続き、この夏の課題としたい。

<第90回選抜甲子園大会本塁打表>

1  日置航/日大三     MG∞(MIZUNO)
2  谷合悠斗/明徳義塾   ZETT POWER 2nd(ZETT)
3  岡野龍太/智辯学園   スカイビート31K LF(SSK)
4  齋藤礼二/東海大相模  Vkong 02(MIZUNO)
5  工藤魁人/延岡学園   スカイビート31(SSK)
6  島田侑希/国学院栃木  スカイビート31(SSK)
7  近藤翔真/国学院栃木  Vkong 02(MIZUNO)
8  高内希/彦根東     ZETT POWER 2nd(ZETT)
9  井元将也/おかやま山陽 ネオステイタス(ZETT)
10 渡辺健士郎/東海大相模 スカイビート31K LF(SSK)
11 原田竜聖/日本航空石川 ZETT POWER 2nd(ZETT)
12 松山隆一/創成館    ZETT POWER 2nd(ZETT)
13 細川拓哉/明秀日立   スカイビート31(SSK)
14 浦口輝/三重      スカイビート31K LF(SSK)
15 小松勇輝/東海大相模  Vkong 02(MIZUNO)
16 黒川史陽/智辯和歌山  スカイビート31K(SSK)
17 林晃汰/智辯和歌山   ネオフライト21(SSK)
18 梶田蓮/三重      スカイビート31K LF(SSK)
19 渡辺健士郎/東海大相模 スカイビート31K LF(SSK)
20 山田健太/大阪桐蔭   スカイビート31(SSK)

関連記事

BACK 1 2
根尾昂
大阪桐蔭高校

高校野球の前後の記事

ページトップ