マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

センバツの東海大相模に漂う予感。
エース・斎藤礼二はやはり格が違う。

posted2018/03/26 18:00

 
センバツの東海大相模に漂う予感。エース・斎藤礼二はやはり格が違う。<Number Web> photograph by Kyodo News

センバツ優勝候補の一角、東海大相模。近年は複数の有力投手を育てるイメージもあるが、エース齋藤は頭ひとつ抜けた存在だ。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 根尾昂内野手、藤原恭大外野手をはじめとするドラフト候補5人衆とも、6人衆ともいわれる大阪桐蔭高が頭一つ、二つリードと評される「第90回センバツ高校野球」だが、その勢いを阻止できる力量を持ったチームの存在も興味深い。

 東海大相模高(神奈川)は、昨秋の関東大会で、準決勝で中央学院高(千葉)に2-3で惜敗したものの、ベスト4に進出して、「センバツ切符」を手にした。

 この関東大会で、東海大相模高のマウンドを守ったのは、野口裕斗投手(2年・168cm65kg・左投左打)をはじめとする控え投手陣。エース・斎藤礼二(3年・173cm64kg・右投左打)は、神奈川県大会の決勝戦で右手に死球を受け骨折。関東大会では1球も投げられずに終わっていた。

 エース抜きの関東大会ベスト4。

 つまり、「余裕残し」でセンバツ出場権を握った東海大相模だ。ここに今春、エース・斎藤礼二の復活が加われば、間違いなく出場校トップクラスのチーム力になるはずだ。

エースがマウンドに上がるだけで。

 練習試合解禁直後、山梨学院高との一戦に足を運んでみた。

 東海大相模伝統の強打線の威力は、昨秋の県大会、関東大会で目の当たりにしている。注目は、もちろん「エースの復調具合」だ。

 8回からリリーフのマウンドに上がった斎藤礼二。

 そう思って見るせいもあるかもしれないが、エースがマウンドに上がると、どうしてバックを守る内野手、外野手たちの動きが急にイキイキとしてくるのだろうか。

 サードへ、ショートへとボールを転がす一塁手の足が弾んでいるし、返球するショート、セカンドの軽やかな身のこなしはなんなんだ。人の気持ちとは、おもしろいものだ。

 そしてエースの投球練習とは、どうしてこうもリズミカルなのか。ボールをセットする、踏み込む、腕を振る、返球を捕手から受ける。このテンポが、見ていて実にここちよい。

【次ページ】 半年ぶりの実戦で、打者を呑んでいる。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

東海大相模高校
斎藤礼二
森下翔太
渡辺健士郎
小松勇輝

高校野球の前後のコラム

ページトップ